NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

不倫の人気声優・茅原実里、「他人のものを奪う勝利感」「悲劇のヒロインという恍惚感」か

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

不倫の人気声優・茅原実里、「他人のものを奪う勝利感」「悲劇のヒロインという恍惚感」かの画像1
茅原実里のオフィシャルブログより

 アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の長門有希役で有名な声優の茅原実里さんが、バイオリニストの室屋光一郎氏と6年にわたって不倫関係にあったと週刊誌「FLASH」(5月26日号/光文社)で報じられた。室谷氏は妻子ある身でありながら、東日本大震災の後しばらく同棲していたようだが、結婚を意識していた茅原さんが耐え切れなくなったのか、「離婚に時間がかかるなら、私も年ごろだから……」と切り出し、2016年の初めごろ関係に終止符を打ったという。

 ところが、今年2月中旬、この2人は「完全個室」が売りの日本料理店で5時間近く食事を楽しんでいる。さらに驚くことに、茅原さんが現在親密な時間を過ごす「新たな男」も、妻帯者らしい。

 茅原さんは、公式ブログで、室屋氏との不倫報道については、「ほぼ事実です」と認めたが、「新たな男」と報じられた一般男性との不倫疑惑については、「とても仲のいい友達です」と述べて否定した。

 しかし、「FLASH」に掲載された親密そうな2人の写真からは、やはり男女の仲のような印象を受ける。6年間不倫関係を続けたあげく、相手の男性がなかなか離婚してくれなくて別れを選んだのなら、次は結婚してくれる可能性が高い独身男性を選びそうなものなのに、なぜまた妻帯者と親密になるのか。もしかしたら不倫体質なのではないかと疑わずにはいられない。

不倫体質の女性に認められる3つの要因

 あくまでも一般論だが、妻帯者ばかりを好きになる不倫体質の女性には、しばしば次の3つの要因が認められる。

1)禁を犯す快楽

2)他人のものを奪う勝利感

3)悲劇のヒロインという恍惚感

 まず、一般にやってはいけないと禁じられており、その禁を犯すと罰を受けるかもしれないことをあえてするのは、それなりの快楽が得られるからである。たとえば、中学・高校時代に親に隠れて吸った煙草の味は格別だったと話す男性がいる。また、禁酒法時代のアメリカで法を犯して飲んだ酒も格別だったはずだ。

 このように禁を犯して何かをすると、格別の快楽を味わえる。不倫も、姦通罪があった戦前ほどではないにせよ、倫理に反する“悪”とみなされている。とくに芸能人や政治家などの不倫が発覚すると、世間からコテンパンに叩かれ、すべてを失いかねない。だから、有名人ほど、わが身を守るために不倫などというヤバいことはしないように気をつけるはずだが、そのリスクをあえて犯して「背徳の悦び」を味わう人も一部にはいるようだ。

 また、妻帯者と男女の仲になれば、不倫相手の妻に勝ったという勝利感に酔いしれることもできる。人妻、あるいは恋人や婚約者のいる女性にばかり猛アタックして、自分のものにすることに快楽を覚える男性がときどきいるが、その女性版といえるかもしれない。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ