NEW
藤和彦「日本と世界の先を読む」

地球、氷期突入の兆候か…太陽が100日以上も無黒点状態の異変が進行

文=藤和彦/経済産業研究所上席研究員
【この記事のキーワード】

, ,

地球、氷期突入の兆候か…太陽が100日以上も無黒点状態の異変が進行の画像1
「Getty Images」より

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)により、地球温暖化(気候変動)への関心が世界的に低下しているが、地球全体の気候に大きな影響を与えかねない異変が進行している。

 今年に入ってからすでに100日以上、太陽の無黒点状態が続いているのだ。黒点とは、太陽表面を観測したときに黒い点のように見える部分のことを指す。この部分も光を放っているが、周囲より弱い光なので黒く見える。黒点は約11年の周期で増減を繰り返しているが、黒点が生じていないということは太陽の活動が低調であることを意味する。

 現在は太陽の黒点活動の極小期にあたるが、それにしても足元で生じている無黒点状態は尋常ではない。昨年も77%にあたる281日間、黒点が発生しなかった。米国航空宇宙局(NASA)も、「ダルトン極小期と同じ状態になるのかもしれない」と懸念を表面している。

 ダルトン極小期とは、1790年から1830年まで続いた太陽活動が弱かった期間のことである。他の多くの極小期と同じく、ダルトン極小期でも寒冷化の現象が見られ、世界の平均気温は0.1度低下したといわれている。特に1816年は火山の噴火も重なって、極めて寒冷となり、夏のない年となったという。

 地球の気候に最も大きなインパクトを与えるのは太陽の活動であるが、地球温暖化問題に取り組んでいる科学者の間では、「太陽黒点の減少が地球環境に与える影響はほとんどない」という見解が一般的である。

地球の気温が2度低下なら大規模な飢饉の可能性も

 太陽黒点と地球の気温との関係は置くとしても、2010年代に入り世界各地で異常気象による災害が相次いでいるのは確かである。日本では台風や大雨による被害が多発しているが、米国や欧州でも同様である。「地球温暖化が原因である」とする声も大きくなっているが、直近の自然災害が多発している直接の原因は「偏西風の蛇行」である。

 偏西風とは、北緯または南緯30度から60度付近にかけての中緯度上空に見られる西寄りの風のことである。「ジェット気流」とも呼ばれ、天候を西から東に変える原動力となっているが、赤道と北極や南極の温度差が大きくなると南北に大きく蛇行するようになる。稀に起きるとされていた偏西風の蛇行が、このところ常態化しているのである。

 偏西風の蛇行による異常気象の典型は、日本の夏に酷暑をもたらすダイポールモード現象である。ダイポールモード現象とは、インド洋熱帯域において初夏から晩秋にかけて東部で海水温が低くなり、西部で海水温が高くなる現象のことだが、エルニーニョ現象と同様に世界の気候に大きな影響を与えることが明らかになっている。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ