そういえばApple Watchって今、どうなっているのか?圧巻の機能と致命的難点の画像1
Apple HP」より

 2015年4月24日に初代モデルが発売されてから5周年を迎え、現在は“世界で最も売れている腕時計”ともいわれているApple Watchアップルウォッチ)。

 だが発表された当初、近未来的なガジェットの誕生に熱気が高まる一方で、実用性を疑問視する声が上がっていたのも事実である。実際、iPhoneやiMacに代表される他のアップル製品と比較すると、まだまだ普及していないように感じる。近年、アップルは自社製品の販売台数を公表しない方針を取っているため、iPhoneやiMacとの具体的な比較は難しいが、iPhoneやiMacと比べると、Apple Watchのユーザー数が少ないと感じている人は多いはずだ。

 そこで今回はITジャーナリスト・神田敏晶氏に、普及率がイマイチ振るわないように見えてしまうワケや最新のApple Watch事情、そしてスマートウォッチの未来について話を伺った。

Apple Watchはすでに“欲しい人”のもとにほぼ行き渡っている状態

 まずは神田氏にApple Watchの現状を解説してもらおう。

「Apple Watchは、すでに欲しい人の手にはある程度行き渡っているという状況でしょう。自身のライフログを記録する機能が気に入ってApple Watchを購入した人などは、長く使い続けています。ですから、スマートウォッチに興味がある人のなかでは圧倒的に人気は高いですし、スマートウォッチ業界におけるシェアという面では、大ヒットの売れ筋製品といえるはずです。ただiPhone人気が高い日本国内において、iPhoneの普及率と比べてしまうと、Apple Watchは確かにそこまで普及しているようには見えないのかもしれません。

 さらに、Apple Watchはバッテリーの持ちが悪い、つまりバッテリー消費が早いという難点を抱えているため、スマートウォッチ市場ではApple Watch以外の選択肢も広がりつつあるのです。Apple Watchも改良されてきていますから、第1世代モデルはバッテリーがフル充電でも1日持ちませんでしたが、最新の第5世代モデルはほぼ2日持つようになってきてはいます。ただ、3000円くらいから売っているAndroidの格安スマートウォッチでさえ、フル充電で1週間近く持つようなものがたくさん出てきているので、バッテリーや価格面では苦戦しているのでしょう」(神田氏)

 アップ信者やハイスペックなスマートウォッチを欲しいという層にとっては、Apple Watchの魅力は高く、人気を博しているようだ。しかしその一方で、コスパ重視やバッテリー重視で選ぶ層はAndroidのスマートウォッチに流れている傾向があるため、発売から5年経っても所持率が上がっている印象がないのかもしれない。

Apple Watchのストロングポイントは飛びぬけたヘルスサポート機能

 それでもスマートウォッチ市場のシェア率ナンバーワンといわれるApple Watchは、発売当初から大きなインパクトを与えたという。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ