コロナワクチン開発中のアンジェス、株価暴落…不安広がる理由 今期50億円赤字予想の画像1
「Getty Images」より

 コロナワクチンを開発しているアンジェス(マザーズ上場)が6月26日、2492円(252円高)と年初来高値を更新。終値は2317円(77円高)。さすがに週明けの6月29日は37円安の2280円。7月3日までの4営業日続落となり、7月2日には一時、1659円まで下げた。終値は1800円(244円安)。高値から7月2日の安値まで33%安となった。急激な値下がりである。

 新型コロナウイルス感染症向けのDNAワクチンについて治験施設である大阪市立大学医学部附属病院の治験審査委員会(IRB)で審議・承認されたと、アンジェスが6月25日夕刻に発表したため株価がふっ飛んだわけだ。被験希望者の募集を始め、最初は大阪市立大病院で30人に接種する。2週間おきに筋肉に注射して抗体ができるかどうかを検証する。アンジェスは20万人分のDNAワクチンの生産体制を早急に整えるとしている。前のめり過ぎないかという声もある。

 アンジェスの創立者、森下竜一・大阪大医学部教授が阪大と共同でワクチンを開発中ということが明らかになったのは3月5日のことだ。株式市場の取引時間中に発表したため、この日ストップ高となった。発表前日の3月4日の株価は427円だった。6月26日の高値と比較すると株価は4カ月で5.8倍になった。

 大阪市立大病院のほか大阪大医学部附属病院でも治験を行うが、人数は2施設合わせて数十人程度。順調に進めば9月中に結果が出る。アンジェスでは、その後、大規模な治験に移行し、年内には治験を終え、厚生労働省の製造販売承認取得を目指す、としている。欧米では、それぞれのワクチン開発メーカーから治験開始前に詳細なデータが公開されているが「アンジェスは開示していない」(関係者)。

 大阪市の松井一郎市長、大阪府の吉村洋文知事がアンジェスのワクチンにえらくご執心で、安倍晋三首相のアビガン(別名アベガン)と同じ様相を呈している。トランプ米大統領の発言にもみられるように、コロナ治療薬とワクチンはどうしても政治がらみになるが、アンジェスDNAワクチンは、さしずめ“日本維新の会推奨”なのである。

 アンジェスは創薬ベンチャーという触れ込みだが、19年12月期の売上は3億2600万円、32億円の営業赤字。20年同期の売り上げ予想はわずか1億円。50億円の営業赤字を見込む。

 ワクチンには厳格な安全性が求められる。他のワクチンでは、承認後に死者が出たケースもある。スケジュールありきであってはならない。もしアンジェスがDNAワクチンの開発に失敗したら、株価は崩落するだろう。

欧米勢に比べて周回遅れ

 DNAワクチンを製造するということを囃し立てて、アンジェスと共同開発に取り組むタカラバイオの株価も急騰した。親会社の宝ホールディングス(HD)の株価まで動意づいた。宝酒造を傘下に持ち、清酒・焼酎・みりんの最大手の宝HDはタカラバイオの株式を60.9%保有している(20年3月期末)。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ