【確認中】講談社のマンガアプリ「マガポケ」「コミックDAYS」の楽しみ方…話題の映像化作品満載の画像1
Android版「マガポケ」トップページ

 大人になるとマンガ雑誌を毎号購読して読む機会はめっきり減ってしまいがちだが、テレビドラマ化や映画化された話題の作品はとりあえずチェックしておきたいという人は多いのではないだろうか。主要出版社のなかでも、特に講談社は実写化・アニメ化作品が多い。コロナ禍で再放送されて注目を集めたTBS系の人気テレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』や『コウノドリ』も、講談社から発行されている雑誌に掲載されたマンガが原作だ。

 そこで今回は、こうした話題の作品や大人がいま読みたいと思えるような作品に出会える講談社のマンガアプリ「マガポケ」と「コミックDAYS」をレビューしてみよう。

少年マンガメインの「マガポケ」で『シャーマンキング』が読める!

「マガポケ」は、講談社が発行する各種少年誌で人気の連載作品のほか、オリジナル作品も充実。チケットマークの付いている作品は1話ごとに「チケット」を消費して読むことができる。このチケットは23時間で1枚チャージされるため、いろんな作品を1日1話ずつ無料で読み進められるというわけだ。

 6月末時点の検索上位作品をチェックしてみると、『ザ・ファブル』や『新宿スワン』といった実写映画化作品や、5人の女子とのハーレム恋愛モノ『五等分の花嫁』、累計260万部を突破した『食糧人類-Starving Anonymous-』などがランクイン。バイオレンス、微エロ、ホラーと、大人が読んでも刺激的な作品が目立つ。

【確認中】講談社のマンガアプリ「マガポケ」「コミックDAYS」の楽しみ方…話題の映像化作品満載の画像2
「マガポケ」検索上位作品

 さらに驚きなことに、1998〜2004年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されていた『シャーマンキング』が、なぜか講談社のアプリで読める。同作は、「少年マガジンエッジ」(講談社)にて新章『SHARMAN KING THE SUPER STAR』を連載中で、2021年4月からのアニメ化決定を記念し、7月1日までコミック3巻分無料キャンペーンを実施。新天地での復活の喜びを噛みしめつつ、出版社の垣根を越えて当時の懐かしさにもひたることができたのだ。

 また、スピンオフ作品も見逃せない。往年の人気医療マンガ『ゴッドハンド輝』は新型コロナ感染症を題材にした新エピソードを公開中で、時代に即した内容に感心する。マガジンを代表するサッカーマンガ『シュート!』からは、スプンオフコメディ『シュート!の世界にゴン中山が転生してしまった件』が登場しており、本編とはひと味違うギャクセンスの高いエピソードが楽しめる。

 あれこれ読むうちにマンガ熱に火がついたら、アプリ上での雑誌の購入も視野に入れよう。「マガポケ」は最新の「週刊少年マガジン」「月刊少年マガジン」「別冊少年マガジン」「月刊少年シリウス」を1冊単位で購入できるほか、お得な定期購読プランもある。たとえば、週刊少年マガジンならば1号300円のところ月額840円ですべて読めるため、ひと月あたり360円もお得になる計算だ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ