NEW

Mac、変貌&価格低下の兆し…iPhoneアプリ利用可能か CPU自社開発の衝撃

取材・文=A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

Mac、変貌&価格低下の兆し…iPhoneアプリ利用可能か CPU自社開発の衝撃の画像1
Apple HP」より

 2020年6月23 日に開催されたアップルの開発者会議「WWDC」にて、同社は今後すべてのMacシリーズ(iMac、MacBookなど)のCPUを、自社開発の「Apple Silicon(アップルシリコン)」に移行させると発表した。初めてこれを搭載するモデルは2020年末までに発売される予定だという。

 アップルは06年からこれまでインテル製のIntel CoreシリーズをCPUとして採用しており、CPUの変更は14年ぶり4度目。アップルCEOであるティム・クック氏が「Macにとって極めて大きな一歩」「Macの将来にこれほどワクワクしたことはない」と述べたことからも、アップルがシリコンにどれだけ注力しているかがわかるだろう。

 しかし、現段階で発表されている情報だけでは、CPUを自社製にすることによってMacがどう変わるのか、いまいち掴みきれないところ。そこで今回はITジャーナリスト・石川温氏に、シリコンに寄せられる期待や、アップルの内情と思惑などについて聞いた。

インテル頼りだったこれまでのCPU、アップル的にはやりにくかったのか

 そもそもCPUとは、PC上でOSを処理するための重要な半導体で、PCの動作の軽い・重いを大きく左右するチップである。先述の通り、これまでMacはIntel製のCPUを14年も使っていたのだが、あのアップルが長年頼りにしていたというIntelのCPUにはどんな特徴があったのだろうか。

「14年前にアップルはCPUをIBM/モトローラ製のPower PCから、インテル製のIntel Coreシリーズに切り替えました。その当時、インテル製のチップは非常に高性能だったんです。アップルのみならず、Windowsでもここ十数年、インテル製チップが主流となっており、圧倒的なCPUシェアだったといえるでしょう」(石川氏)

 だがその一方で、アップルなりの苦悩もあったのではないかと石川氏は分析する。

「インテルのチップは相当進化していましたが、アップルとしてはPCの重要な部分を他社に握られているという意味で、やりにくい部分もあったんでしょう。たとえば、インテルがチップセットを生産していくなかで、なかなかアップル向けのものが回ってこなかったり、プロセッサをインテルに頼ってしまうことでMacが独自に進化していけなかったりと、不自由に感じる面も多々あったんだと推察できます。

 しかし、ここ10年でスマホ向けのチップセットがどんどん進化してきて、高い性能と省電力を両立できるようになってきています。アップルもiPhone用、iPad用のチップセットを自社開発してきたことで、着実に実績を上げてきたのです。そこで、アップルとしてはOSからチップセット、ハードウェアまで一貫して自分たちでつくればより自由度が上がると考え、今回Macも自社開発のチップに移行することに決めたんでしょう」(石川氏)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ