NEW
すぎもとたかよし「サラリーマン自動車ライターのクルマ業界ナナメ斬り!」

自動車雑誌は「反撃の狼煙」? 日産の国内市場重視は“唖然とするほどカラッポ”だ

文=すぎもと たかよし/サラリーマン自動車ライター
【この記事のキーワード】

, ,

自動車雑誌は「反撃の狼煙」? 日産の国内市場重視は“唖然とするほどカラッポ”だの画像1
日産自動車2020年3月期決算発表会見

 最近、自動車雑誌では日産自動車への応援ページがよく見られる。

 これまで日本市場を軽視した日産へは、珍しく否定的な記事を書いてきた自動車媒体だけど、カルロス・ゴーン氏の一件に加え、今回のコロナ禍という非常事態ともなれば、もうそろそろ応援の方向へ舵を切ろうかという機運なのかと。

 そこに来て、5月28日に行われたオンラインでの2020年3月期決算発表会見では、最終赤字6712億円という負の話だけでなく、「NISSAN NEXT」と称する今後4カ年の計画として、新型車と思われるシルエット群がスクリーンに映し出された。そこに「フェアレディZ」らしきクルマがあったものだから、自動車メディアは騒然となったのである。

 こいつを記事にしなければ! ということで、とりわけB5判系雑誌では「これが次期Zだ!」「次期Zは原点回帰か!」という期待たっぷりの予想イラストが展開され、ほとんど興奮状態となった。

 

自動車雑誌は「反撃の狼煙」? 日産の国内市場重視は“唖然とするほどカラッポ”だの画像4
新型キックス発表会

 さらに、なんと10年ぶりの新型車であるコンパクトSUV「キックス」の発表に当たっては、「日産の逆襲が始まった」「日産の反撃の狼煙が上がった」とアゲアゲ気分が満載、続くクロスオーバーEV「アリア」の発表では「日産、国内重視の序章」とまで見出しを打った。

自動車雑誌は「反撃の狼煙」? 日産の国内市場重視は“唖然とするほどカラッポ”だの画像2
新型アリア発表会

 では、本当に日産は国内市場で反撃に出たのだろうか? 

 そこで、あらためて先のシルエット群を見てみれば、フェアレディZのほかには「キャシュカイ」「ローグ」「パスファインダー」に「フロンティア」といったミドルからラージクラスのSUVばかりで、どう考えても日本市場を重視したものとは思えない。もちろん、今秋の登場とされる新型「ノート」もあったが、そもそも国内は軽自動車とセレナ、ノートしか売れないという状況が変わるものじゃない。

 だいたい、雑誌が持ち上げる新型キックスは、周知の通り4年前に発売された新興国向けSUVの厚化粧版。多少の安っぽさがあっても評判のe-POWERで売ってしまえという代物で、この期に及んでこういうことするか? と。アリアに至っては、そもそもがEVという多量販車種じゃないし、なんと発売は来年の半ばときている。

 ゴーン氏の事件があったとき、自動車媒体の多くでは「これで日本人がトップに就けば、日産は国内向けに魅力的な商品を出すだろう」という趣旨の記事が躍っていた。外国人経営者が去れば「往年の日産」が帰ってくるなど、ずいぶんとお気楽な内容だ。

 それに対し、先の会見では「選択と集中」という経営陣にとって都合のよいはやり言葉を使い、偏重した車種群を「もったいぶって」発表した。だから、いま自動車媒体が書くべきは「僕らのZが帰ってくる!」なんてことじゃなく、そのカラッポな国内市場対策のはずだろう。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ