「わさビーフ」わさっち引退&西野亮廣監修の新キャラに悲鳴噴出…「まるで豚」「ダサい」の画像1
山芳製菓公式サイトより

 濃厚なビーフパウダーの旨味とサッパリとしたわさび風味で、ファンから根強い支持を受けている山芳製菓(東京都板橋区)の「ポテトチップス わさビーフ」が9月1日からリニューアルする。現行の商品より濃厚なビーフの味わいを残しながらも、わさび風味の刺激をアップし、後味のキレをよくするなど工夫を凝らしているとのことなのだが、何より目を引く最大の変化はパッケージデザインだ。

「わさっち引退」に悲しみの声相次ぐ

 これまで33年前の発売開始以来、同商品のパッケージキャラクターだった「わさっち」が引退し、キングコング西野亮廣氏と同氏のオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」のメンバー有志が監修した新キャラクター「わさぎゅ~」がデビューすることになったのだ。これに対して『わさっち』の引退を悲しむ声と、西野氏の「わさぎゅ~」のデザインに違和感を訴える声が続出。インターネット上で議論になっている。

 わさビーフのパッケージには白に茶色のブチ模様のホルスタインのような牛のキャラクターが長年描かれていて、たれ目で眠そうな表情が“ゆるくていい”“カワイイ”などと愛着を持たれていた。一方、このキャラクターにはながらく名前がなく、2015年に公募でキャラクター名を公募して「わさっち」と命名されたのだという。同商品のシンボルであることに加え、公募でファンから名称を募ったこともあり、今回のリニューアルを同社広報が18日、公式Twitterアカウントで発表したところ、以下のような声が多数寄せられた。

「今の、わさっちの方が好きー」(原文ママ、以下同)

「これは、、、受け入れ難い、、、、せめて限定キャラという形に!」

「う~ん?パッケージデザインは変わってもいいけど、キャラクターは替えない方がよかったと思うのですが…なんか残念です)」

キンコン西野監修の豚のようなキャラ

 一方で、西野氏が手がけた新キャラのデザインにも、以下のような声が上がっている。

「新しいキャラ全然クッソかわいくないんだけど… なにこのダセェキャラ」

「残念だ…わさっちのゆるカワが好きやったのに 豚のような牛のような頭足人になってしまうなんて…山芳製菓さん、どうしちゃったの?」

「山芳さんのポテチ大好きで、いつも購入しているものです。ずいぶん昔に食べた唐揚げ味大好きでした。わさっちのリストラ残念でなりません。しかも、わざわざイメージの悪い人に頼まなくても…。もう私は商品ターゲットからは外れてしまったのでしょう。仕方ありませんが悲しいですね」