中国へ払うレンタル料は年1億円…動物園のパンダ誘致合戦加熱、日立市は政財界で推進の画像1
「gettyimages」より

 上野動物園に大フィーバーをもたらした赤ちゃんパンダのシャンシャンが、間もなく中国へ帰国する。2019年6月に返還される予定だったシャンシャンは、あまりの高い人気から東京都が延長を要請。中国側も了承し、帰国する期限は今年12月31日まで延長された。都はシャンシャンと父・リーリー、母・シンシンについて、あわせて年間1億円のレンタル料を中国に支払っている(シャンシャンについては無償とされている)。ジャイアントパンダは全世界で人気を博し、各国から引く手は数多。そのため、中国政府はジャイアントパンダを外貨獲得戦略の一環として活用してきた。

 このレンタル料だが、経済効果を考えると実は安価ともいわれる。実際、シャンシャンによる経済効果は年間で20億円を軽く超えるとも試算されている。そのため、「パンダをレンタルしてもらおうと手を挙げる動物園関係者、地域振興の起爆剤と考えて積極的にパンダを誘致している地方自治体は多い」と話すのは、ある動物園の関係者だ。

 現在、国内では上野のほか、和歌山のアドベンチャーワールドと神戸市の王子動物園でパンダが飼育・展示されている。王子動物園のタンタンは今年7月に中国へと帰国する予定になっていたが、新型コロナウイルスの影響で中国への飛行機が発着しなくなったことから帰国が延期されていた。いずれにしてもタンタンの帰国は織り込み済みで、新たなパンダを迎える予定はない。

 12月の期限を迎えれば、上野のシャンシャンも帰国する。さらに、リーリーとシンシンも2021年までに中国への帰国が決まっている。つまり、22年以降に国内でパンダが見られるのは和歌山のアドベンチャーワールドだけになる。

 中国の奥地にしか生息が確認されていないジャイアントパンダは、その生態から絶滅危惧種とされている。ワシントン条約で保護されていることもあり、商用での売買も禁じられている。中国が他国にレンタルしているのは、あくまでも生態研究や繁殖を目的にしている。そのため、期日がくればパンダは中国に帰国しなければならない。1億円を払っているのに譲渡ではなく貸与にとどまるのは、そうした背景による。前出の動物園関係者はいう。

「動物園で人気になる動物はゾウ・キリン・コアラなど、時代によって変化してきましたが、パンダはもっとも息が長い人気者です。世界でもパンダ人気は手堅く、国内はもとより海外観光客を呼べる力もある。飼育環境を整えるのは大変ですが、ジャイアントパンダを誘致したいと考える関係者は少なくないと思います。特に、地域振興を考えている地方自治体は強く願っているでしょう」

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ