新iPhone、5Gでも10万円超に見合う魅力はあるのか?SEやアンドロイドで十分?の画像1
「Apple HP」より

 毎年秋にアップルが新型iPhoneを発売するのはお馴染みの光景となっている。そして、競合の主要メーカーがすでに5G対応のスマホを出しているだけあり、近々発表・発売されると目されている新型iPhoneも、5G対応である可能性は極めて高い。

 はたして5G対応iPhoneが登場した場合、スマホ市場はどういった動きを見せていくのだろうか。そこで今回はITジャーナリストの石川温氏に、5G対応iPhoneを取り巻く状況や、3G、4Gリリース後の変遷から5Gスマホ市場の今後を考察してもらった。

「5G対応iPhone」、一定の高い人気にはなるだろうが…

 まず、5G対応の新型iPhoneが登場した場合、今まで以上の売れ筋端末となりえるのだろうか。

「もちろん一定の高い人気が得られるのは確実でしょうが、爆発的な売れ行きになるかどうかは未知数です。しかしNTTドコモ、KDDI (au)、ソフトバンクの大手キャリア3社は爆発的に売れることを期待しているでしょうね。というのも、実は大手3社はすでに5Gサービスをスタートしていますが、正直まだ5G対応スマホを本気で売り出しているとは思えない状態なんです。おそらく、5G対応iPhoneの登場を待ち、5G対応iPhoneを起爆剤として5Gサービスを普及させていこうという戦略なのではないでしょうか。

 例えばドコモの場合、来年3月までの目標として5Gの契約件数を250万件と掲げているにもかかわらず、8月1日時点で5G契約件数は約24万件と発表していました。まだ目標の1割程度の契約しか取れていない。ですがそれは、まだドコモが全力で5Gを売り出していこうとしていない証拠のようにも見えるわけです。ドコモは5G対応iPhoneだけで100万契約以上、あるいは200万契約近くを取るという算段なのかもしれませんね」(石川氏)

 国内シェアから考えて、KDDIやソフトバンクの5Gの契約件数はドコモ以下しか取れていないだろう。2社もドコモと同じ算段なのかもしれない。

「ですが、総務省が2019年10月に電気通信事業法を改正したことによって、スマートフォン本体価格の割引が最大2万円までに制限されていますよね。ですから、かつてのように『iPhone実質無料』といった宣伝文句を謳えません。そして、近年発売されるハイスペックモデルは10万円以上していますから、5G対応iPhoneといえどすぐに飛びつく人は少ないんじゃないでしょうか。経済的にそれなりに裕福であったり、熱心なアップルファンであったりしない限り、なかなか買い替えにくいと思います。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ