買うと後悔?ヨドバシで見つけた残念なデジタル文具5選…高価格だがアナログで十分の画像1
ヨドバシ.com – ヨドバシカメラの公式通販サイト【全品無料配達】」より

 企業のペーパーレス推進やコロナ禍によるテレワークの急速な広がりで、近年はオフィス文具や勉強文具のデジタル化の波が来ている。とはいえ、まだまだ実用的とはいえないデジタル文具も多数流通しているのも事実だ。

 今回は、大手家電量販店・ヨドバシカメラの通販サイト「ヨドバシ.com」の商品の中から、買うと後悔しそうなデジタル文具を5つ紹介しよう。

デジタルペーパーDPT-CP1/4万5100円

 ソニーが開発・販売している「デジタルペーパー」。その名の通り、文字や絵を専用のペンでディスプレイ上に書き込めるデジタルデバイスだ。基本的な機能は従来の“ノート”と同じ。書き込んだものがその場でPDFファイル化されるので、文章や文字の検索ができるなどの特徴はあるが、あまりにも機能がシンプルすぎる。紙に書くのと比べてスキャンする手間が省ける程度の利点しかないので、これに5万円以上払うのは、なかなか勇気がいるのではないだろうか。

買うと後悔?ヨドバシで見つけた残念なデジタル文具5選…高価格だがアナログで十分の画像2

 一方、iPadなどのタブレット端末なら、メモやPDFへの書き込みはもちろん、電子書籍も読めてネットサーフィンもできるので、機能性の面で軍配が上がる。在宅ワークで紙ゴミを絶対に出したくない、という人もいるかもしれないが、それならば多機能なタブレットの方がお得では……。

気づかせメモ カクミル/1万2770円

 キングジムの「カクミル」は、電子ペーパーディスプレイに付属のデジタルペンで文字が書き込める電子メモ。ペンの置き場所をくぼませたり、立てて置けたりとデザイン面へのこだわりは感じられるが、搭載されている機能はメモ、カレンダー、アラーム、ToDoリスト、電卓の5つのみだ。

買うと後悔?ヨドバシで見つけた残念なデジタル文具5選…高価格だがアナログで十分の画像3

 カクミルの機能はスマホで代用できてしまう上、厚みがあるので持ち運びには不向き。固定電話の横に置き、メモ帳やカレンダーとして使うほかに活躍の場はなさそうだ。

アンキスナップ暗記用マーカー/411円

 デジタルとアナログの中間文具として話題になった、ぺんてるの「アンキスナップ」。教科書や資料など暗記したい部分をアンキスナップでマーキングして専用アプリで読み込むと、マーカー部分が黒く塗りつぶされる、というアイデア文具だ。

買うと後悔?ヨドバシで見つけた残念なデジタル文具5選…高価格だがアナログで十分の画像4

 ディスプレイ上の黒塗り部分をタップすれば解答が見える、というものだが、わざわざ電子化するメリットは微妙。一方で、ユーザーレビューでは「マーカー部分がアプリに認識されない」など精度の低さが指摘されている。今後、精度がアップすれば人気が出るかもしれないが……。

デジタル英会話学習機  joy study/9650円

 最近はコロナ禍で遠出できず、唯一の楽しみは近所のランニングだけ……という人も多いだろう。カシオの「ジョイスタディ」シリーズは、そんなランニング中などの隙間時間に英会話が学べるデジタル英会話学習機だ。

買うと後悔?ヨドバシで見つけた残念なデジタル文具5選…高価格だがアナログで十分の画像5

 日常英会話モデルには「デイビッド・セインのデイリースピーキング」と英単語の暗記につながる「キクタンシリーズ」、接客英会話モデルには英語応対能力検定公認教材と「デイビッド・セインのデイリースピーキング【接客英会話】」が収録され、ユーザーの目的に合った英会話学習ができる。

関連記事