NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

華原朋美、収録で突然激高…精神不安定と自己破壊的行為の懸念、薬物乱用との報道も

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

華原朋美、収録で突然激高…精神不安定と自己破壊的行為の懸念、薬物乱用との報道もの画像1
華原朋美

 歌手の華原朋美さんが、所属事務所「プロダクション尾木」との契約解除を発表した。その背景には、「FRIDAY」(9月25日号/講談社)で報じられた「華原朋美が愛息虐待騒動で高嶋ちさ子と大モメ」という出来事があったのではないかといわれている。

 華原さんと高嶋さんは、以前は互いに“親友”と認め合う仲だったようだ。しかし、昨年8月に未婚で長男を出産した華原さんが、信用する高嶋さんから「かつて自分の子どもたちも預けた」と紹介されたベビーシッターを雇ったところ、自宅の監視カメラの動画に、ベビーシッターが長男の足首を持って逆さ吊りにした状態が映っていたらしい。

 そのため、華原さんは、これは虐待だと主張し、動画を持って警察に相談に行ったが、さまざまな検証が行われた結果、「虐待ではない」という判断が下された。だが、華原さんとしては納得できなかったのか、防犯カメラの映像を切り取った画像や高嶋さんとのやりとりが書かれたLINEのスクリーンショットなどを「FRIDAY」編集部に持ち込み、記事になったという(9月15日付「週刊女性PRIME」記事より)。

 おそらく華原さんがベビーシッターに対して腹を立て、その怒りが高嶋さんにも向けられたのだろう。どれほど怒りが激しかったか、容易に想像がつく。というのも、私自身、かつて華原さんが怒りを爆発させるのを目の当たりにしたことがあるからだ。

 7年前、2013年に芸能人の悩みに専門家が答えるという趣旨のテレビ番組の収録に参加した際、私が精神科医だと自己紹介した途端、華原さんが拒否反応を示して激高した。「私は、精神科でもらった薬で依存症になったんです!」とものすごい剣幕で怒鳴られ、ただ唖然とするばかりだった。

 たしかに、交際していた音楽プロデューサーの小室哲哉氏と破局した後、華原さんは精神的に不安定になり、精神安定剤や睡眠薬を服用し始め、オーバードーズ(過剰摂取)で救急搬送されたこともあるようだ。2007年には、仕事のドタキャンなどが続いたせいで所属事務所から契約解除を通告された。その後、薬物依存症の治療のために家族が華原さんを精神科病院の閉鎖病棟に入院させたようで、そのことは華原さん自身がテレビ番組やインタビューなどで告白している。

 華原さんは入院治療の甲斐あって、2012年に芸能界に復帰した。だから、私が番組収録の場で華原さんに出会ったのは、復帰から間もない時期だった。華原さんが依存していた精神安定剤や睡眠薬を手に入れるには、原則として精神科医の診察を受け、処方してもらわなければならない。そのせいで、処方した精神科医への怒りを抑えられず、同業者である私にも怒りが向けられたのかもしれない。だが、私はそれほど寛大な人間ではないので、「私が処方したわけでもないのに、なぜ怒りをぶつけられるのか」と納得しがたい気持ちになった。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ