NEW
姫野秀喜の「確実に成功するための不動産投資の学校」

実はあまり知られていない不動産投資の“おいしいメリット”…不労所得や税金低減も

文=姫野秀喜/姫屋不動産コンサルティング株式会社代表
【この記事のキーワード】

, ,

実はあまり知られていない不動産投資の“おいしいメリット”…不労所得や税金低減もの画像1
「Getty Images」より

はじめに

 はじめまして。不動産投資コンサルタントの姫野秀喜です。私の連載する「確実に成功するための不動産投資の学校」へようこそ。

 コロナ禍で会社の給与以外の収入源を求める人が増え、不動産投資に注目している人も増え続けています。この記事を読んでくださっているということは、あなたは少なくとも不動産投資に興味がある方だと思います。

 そういった皆様に向けて、確実に成功できるための知識や不動産にまつわる時事問題などをお伝えしていきます。読者の方はこの記事を読むことで不動産投資のメリットやデメリット、やるべき具体的なアクション、やってはいけないことなどを理解することができます。

第1回:なぜ不動産投資なのか?不動産投資の魅力とは?

 投資と聞いて多くの人が一番にイメージするのは「株」でしょう。それ以外にも外貨を取引する「FX」やビットコインなどの「暗号通貨(仮想通貨)」を頭に思い浮かべる人も多いでしょう。

実はあまり知られていない不動産投資の“おいしいメリット”…不労所得や税金低減もの画像2
『確実に儲けを生み出す不動産投資の教科書』(姫野秀喜/明日香出版社)

 昨今ブームが起きていたとはいえ「不動産投資」は投資全体で見ればマイナーなカテゴリーといえます。それもそのはずです。日本で株式投資をしている人数は約2,550万人(※1)であるのに対し、不動産投資をしている人数は約53万人(※2)しかいないのです。日本人の25%が行っている株式投資と異なり、不動産投資を行っている人は日本人の1%にも満たないのです。

 不動産投資は株式投資と異なり、まとまったお金がないとスタートできないという参入障壁の高さや、パソコンで手軽に売買できない不便さなどが理由で、まだまだマニアックな一部の人の投資なのが現状なのです。

 しかし、そんなマニアックな投資ですが、それを補って余りある魅力が不動産投資にはあるのです。「不動産投資の学校」では、まず、その魅力について述べるところから始めます。不動産投資の魅力には、下記のようなものがあります。

【不動産投資の魅力】

・働かなくても良い(不労所得が手に入る)

・お金を借りて行える(元手が少なくてもできる)

・生命保険を解約できる(団体信用生命保険に入ることができる)

・税金が安くなる

・動きが遅く安定している(暴落しても逃げ出す時間がある)

・実際の土地・建物が存在する(実物資産である)

・一国一城の主になった気分になる(まぁこれは気分の問題)

働かなくても良い

 多くの方が一番にイメージする魅力は「働かなくてもよい(不労所得が手に入る)」ということだと思います。これは半分正しくて、半分は間違いです。確かにキャッシュフローがしっかりと残る優良な物件を購入することができれば、投資家である大家さんがやることはほとんどないので、不労所得といえます。

 しかし、キャッシュフローがしっかりと残る優良な物件を探し出すためには、大量に物件を見て探しまくるという行動が必要であり、その点においては労働をしているからです。キャッシュフローがしっかりと残る優良な物件は投資物件全体の1%も存在しないため、多くの場合においてすぐに売れてしまいます。ゆえに誰より早く動いて誰より早く融資を付けて購入することが重要となってきます。そのため、購入するまでは人一倍労働しなくてはならないからです。

関連記事