関東在住の方ならご存じであろう、“新宿大ガード”横の靖国通り沿いに屹立していた「LABI新宿東口館」。そこがいつの間にやら、あの大塚家具の店舗に生まれ変わり、仰々しい「閉店大セール」を敢行している――。

 そんな情報がTwitterなどで出回り、気になっていた人も多いだろう。そこで実際に行ってみた。新宿東口の“でっかいヤマダ電機”だったあのビルは今、どうなっているのか――?

【確認中】大塚家具に衣替えした新宿東口の旧ヤマダ電機で「半額で120万円の高級ソファ」に悶絶!の画像1
「LABI新宿東口館」が大塚家具の店舗に生まれ変わり、仰々しい「閉店大セール」を敢行している。期間限定の特別催事店なので、気になる方はお早めに?(画像は、大塚家具公式サイトより)

大塚父娘の骨肉の争いのあと、ヤマダ電機傘下に入った大塚家具、そして新宿東口のヤマダ電機は閉店

 大塚家具といえば2015年、創業者の大塚勝久氏とその愛娘である大塚久美子氏が骨肉の“父娘バトル”を繰り広げ話題となったのは周知の通り。その後、久美子氏が社長に就いたものの業績はどんどん悪化し、2019年12月、ついに家電量販店大手・ヤマダ電機を展開するヤマダホールディングス傘下となったうえ、そこから1年後のこの12月、ついに久美子氏が社長を退任。ゆえに大塚家具の現在の代表取締役会長兼社長は、ヤマダホールディングスを率いる三嶋恒夫氏である。

 そして「LABI新宿東口館」といえば、新宿東口を出て徒歩5分の靖国通り沿い、西側にはJRの大ガード、靖国通りの向こうには歌舞伎町のネオンが広がる一等地(住所でいうと「新宿区新宿3-23-7」)にそびえるヤマダ電機の巨大旗艦店であった。2010年にオープンしたものの、翌2011年には新宿駅の反対側、西口にも「LABI新宿西口館」という巨大店舗がオープンし、「ぶっちゃけ、同じヤマダ電機で客の取り合いにならないのか……?」と客のほうも心配していたほどであったが……。

 新宿駅の「ヤマダ電機・東西2店舗」体制からおよそ10年、LABI新宿東口館は、大塚久美子・前社長が退任する直前の2020年10月4日に閉店、10月9日には「IDC OTSUKA 新宿東口特別催事店」として生まれ変わり、まさに家電量販店のチラシばりの派手な広告を店舗内外に打ち、「閉店大セール」を開催中……というわけなのである。

果たして「IDC OTSUKA 新宿東口特別催事店」は実際のところどうなのか、潜入開始!

 果たして、コロナ禍の真っ最中でもあり、小売業はいろいろと大変なこの時期に、この「元ヤマダ電機の大塚家具」はどうなっているのか? 訪れたのは11月中旬、まさに大塚久美子氏が退任する直前の時期に、家具を買いたいと語る友人と2人、この「IDC OTSUKA 新宿東口特別催事店」を訪れたのであった――。

【確認中】大塚家具に衣替えした新宿東口の旧ヤマダ電機で「半額で120万円の高級ソファ」に悶絶!の画像3
家電量販店のチラシばりの派手な広告が店舗内外に打たれていた。

 今回は、駅から最も近い裏口にあたる部分から入店。すると、さっそくこんなものが目に飛び込んでくることとなった。

【確認中】大塚家具に衣替えした新宿東口の旧ヤマダ電機で「半額で120万円の高級ソファ」に悶絶!の画像4
怒涛の74%オフ? しかしそれでも39万8000円……。さすが大塚家具。

 なんともシャレオツなソファーが、怒涛の74%オフ? しかしそれでも39万8000円……。ざっくり計算すれば、正規価格は160万円近いという、まさに上級国民ご用達のシロモノである。思わず苦笑する友人の横で、筆者も早々に場違い感を抱いてしまう。「これはちょっと、我々が買えるものはこの店にはないかもしれない……」という不安を抱きながら、反対側の靖国通り側の正面玄関から入店し直すことにした。

【確認中】大塚家具に衣替えした新宿東口の旧ヤマダ電機で「半額で120万円の高級ソファ」に悶絶!の画像5
西武新宿駅側から見たビルの外観。
【確認中】大塚家具に衣替えした新宿東口の旧ヤマダ電機で「半額で120万円の高級ソファ」に悶絶!の画像6
ビルの袖看板は、2020年11月時点ではいまだにLABIのままだった。

 靖国通り側に回る途中、西武新宿駅側からビルの外観を撮影。ビル側面にある巨大なビジョン「ユニカビジョン」はそのままだが、どうしても「ヤマダ電機」時代の印象が強いため、大塚家具となったことに違和感を抱いてしまう。また、取材に訪れた時点では、ビルの袖看板はいまだにLABIのままとなっていた。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合