【完了・元日の放送前までに掲載希望】『相棒』元日スペシャルのトリビア集…これを知っていたら、相当な『相棒』マニアの画像1
「相棒19」公式サイトより

 かつて、お正月の夜を彩る名物的なテレビ番組といえば、『元祖どっきりカメラ』(日本テレビ系)や『新春かくし芸大会』(フジテレビ系)などが長らく親しまれていた。この2番組は昭和~平成と時が移ろいゆくなかで、その役目を終え、惜しまれつつ終了していった。

 そして21世紀以降、お正月番組としての地位を完全に確立しているコンテンツを1つだけ挙げるとしたら、この番組しかないだろう。今や日本を代表する人気刑事ドラマとなった『相棒』(テレビ朝日系)の元日スペシャルである。

 その前に放送されている『芸能人格付けチェックSP』から続けて観ている人も多いのではないだろうか。“元日の夜といえば『相棒』”というのは、番組ファン以外の人でも当たり前のことのような気がする。

 だが、実は『相棒』が元日にスペシャルとして放送されるようになったのは、2005年10月~06年3月にかけて放送された「season4」が最初なのである。途中から本作を見始めたファンにとっては意外に思われるかもしれないが、初期から見ているコアなファンにとっては、お馴染みの感もある“トリビア”だ。逆に「なぜ、最初の1本目からではないのか?」 と疑問に思う方のために、まずこの『相棒』というドラマの成り立ちから説明してみたいと思う。

 かつてテレビ朝日の土曜夜に放送されていた人気の2時間サスペンスドラマ枠『土曜ワイド劇場』。そのなかで『相棒』の主人公である杉下右京役・水谷豊が主演する『探偵事務所』というシリーズものが放送されていた。1994年10月に第1作が発表されてから99年6月まで全5作が制作された人気作だが、『相棒 警視庁ふたりだけの特命係』ノベライズ版の「あとがき」によると、『探偵事務所』は原作もののドラマ化であったために、その小説が残り1本となった時点で、同番組のプロデューサーが水谷主演の新シリーズを立ち上げることになったという。

 さらに、同じ土曜ワイド劇場内でこのプロデューサーが寺脇康文主演のシリーズものも手掛けていた縁で、寺脇が水谷に憧れていることを知ったという。ここで寺脇から水谷との共演希望があったことから、水谷&寺脇のコンビものという企画に決定、こうして寺脇は『相棒』の初代相棒・亀山薫を演じることとなったのである。

『相棒』、国民的人気ドラマになるまでの軌跡

 その記念すべき幕開けは、2000年6月3日の『土曜ワイド劇場』だ。そのサブタイトルは「刑事が警官を殺した? 赤いドレスの女に誘惑され…死体に残る4-3の謎とは?」だった。

“人材の墓場”と呼ばれる窓際部署の「特命係」を舞台に、超人的な推理力と洞察力を持ちながらも、その変人ぶりから集団に馴染めず独りで事件に挑む杉下右京。そしてそんな杉下とひょんなことからコンビを組むこととなった肉体派の熱血漢・亀山薫の活躍を描いたこの刑事ドラマは、難事件の捜査過程における謎解きミステリーとしても秀逸だったこともあり、視聴率はなんと17.7%と高い数字を記録。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合