NEW

感染疑わしい受験生は排除?大学入試のコロナ対策、文科省が大学へ“丸投げ”で大混乱

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
【完了】感染疑わしい受験生は排除?大学入試のコロナ対策、文科省が大学へ丸投げで大混乱の画像1
「Getty Images」より

 新型コロナウイルス感染症に関して、東京都の小池百合子知事ら東京、千葉、神奈川、埼玉1都3県の知事が政府に緊急事態宣言の発出を要請した。菅義偉首相は4日、首相官邸での記者会見で宣言発出の是非を検討することを表明した。

 政府与党内には、現行の緊急事態宣言に国民の移動の自由を制限する根拠がないことや経済活動への打撃などを懸念し、「まず宣言の根拠法の新型インフルエンザ対策特別措置法(新型コロナ特措法)を改正するべき」との意見が強い。特措法改正案は13日開会の国会で審議入りになる予定だが、「それでは間に合わない」「いったいどうすればいいのか」と焦りをつのらせている業界がある。入学試験を間近に控えた大学だ。

 萩生田光一文部科学大臣は先月18日、今月下旬に実施予定の大学入学共通テストに関して「受験生の皆さんの努力が無駄にならないよう、予定通り実施したい」と表明していた。共通テストとほぼ同時期から本格化する各大学の個別入試に関しても「予定通り実施」という方針で、大学側に感染予防対策の徹底と、「密」を避けて試験をすることを促していた。一方、対策を丸投げされた形となる試験会場の各大学関係者は頭を抱えている。

「アウト」となる受験生は試験監督の裁量次第?

 首都圏の国公立大学関係者は次のように話す。

「簡単に言ってくれるなと怒りがこみあげてきます。つまり試験会場で何か起きたとしても、文科省は現場対応するわけではなく他人事ということです」

 同大学では目前に迫った大学入学共通テストの準備に追われている。文科省や大学入試センターの感染防止ガイドラインに沿って、受験者の体温測定や間隔を例年より広くとるための座席配置などに関して検討を重ねているという。

「ところがこのガイドラインがガバガバです。問題は線引きを誰が、どのようにするのかということです。例えば、受付時に検温した際に、現行のガイドラインだと37.5度ならアウトです。では37.4度だった学生はどうすればいいのでしょう。会場に入れるのか入れないのか。受験中に咳を始めた受験生がいたとして、どのような状態なら試験を中断させるのか綿密な指針はありません。咳払いをしたら、アウトなのか。咳こむまでいいのか。このままでは、各会場の試験監督の裁量次第で変わってしまいます」(前出公立大学関係者)

このままでは受験生は無理をしてでも会場に来る

 また、東京都内の大手私立大職員は次のように怒る。

「例えば(コロナ対策を)厳密にやりすぎて、感染が疑わしい受験生をすべて会場から排除すれば、彼ら彼女らの貴重な受験の機会を奪います。一方で、適当にやって、会場でクラスターが発生したらどうなるでしょう。その場にいた学生全員の受験日程に大きな狂いが生じます。感染して自宅待機となり、志望校が受験できなかったという事態が生じます。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合