NEW
藤和彦「日本と世界の先を読む」

中国、WHOの新型コロナ発生源調査を直前で拒否…感染再拡大、公式発表の10倍か

文=藤和彦/経済産業研究所上席研究員
【この記事のキーワード】

, ,

中国、WHOの新型コロナ発生源調査を直前で拒否…感染再拡大、公式発表の10倍かの画像1
中国・武漢市(「gettyimages」より)

 世界保健機関(WHO)は1月5日、「新型コロナウイルスの発生源を調べる国際調査団への中国側の許可が下りないことから入国できていない」ことを明らかにした。中国政府は2019年12月末に、湖北省武漢市で発生した新型肺炎の初めての症例をWHOに報告した。WHOはこれを受けて昨年2月に中国へ調査団を派遣したが、発生源とされていた動物市場は調査できなかった。

 その後、世界各国が新型ウイルスの発生源などについて調査するよう再三要請したことから、WHOは各国の専門家による大規模な現地調査を実施することを決定した。昨年7月に先遣隊を中国入りさせたが、世界的流行の責任追及を避けたい中国政府の抵抗に遭ってこれまで実現してこなかった。

 その調査団の派遣がついに1月第1週に実現する手はずだったが、中国側が再び「待った」をかけたのである。この異常事態について従来から「中国寄り」と批判されてきたWHOのテドロス事務局長も「大変失望している」と批判した。

 WHOの調査団受け入れが実現しなかったのは、中国にとっても大きな痛手である。中国政府はWHOの調査団受け入れに備えて国内で周到な隠蔽工作を進めるとともに、国際社会に対しては「新型コロナウイルスの発生源は中国でない」との宣伝活動をさかんに実施してきた。一例を挙げれば、「新型コロナウイルスの発生源はインドである」というものがある。その内容は「新型コロナウイルスは昨年の夏にインドで発生し、汚染された水を通じて動物から人間へと伝染した後、バングラデシュなどを経て武漢に流入した」というものだが、発生源とされたインドは、憤懣やるかたない思いではないだろうか。

 その総仕上げとして、WHOの調査団を受け入れることで国際社会からの「初期段階の感染情報を隠蔽した」との批判をかわしつつ、身の潔白を証明する手はずだったのに、なぜドタキャンしたのだろうか。

「戦時状態」宣言

 中国外務省は6日、「WHOとは密接に協力している」とした上で、「中国で新型コロナウイルス感染が散発的に発生し、各地方が戦時状態になった。防疫部門と専門家は感染対策に忙殺されており、対応できないからだ」と説明した。

 メデイアの情報などで新型コロナウイルス感染が拡大しているのは、遼寧省と首都北京市に隣接する河北省である。遼寧省瀋陽市は昨年12月20日、「戦時状態に入る」と宣言した。同市によれば、昨年12月23日から元旦にかけて21人の感染者が発生したとされるが、同市の医師はSNS上で「市内の感染状況は非常に深刻であり、感染拡大のペースが速く感染力も非常に強い。新型コロナウイルスの変異種の可能性がある」と警告している。ネット上では「人民解放軍の防疫部隊の特殊車両が瀋陽市に到着した」動画が流布している。河北省でも共産党機関紙が1月5日、「新型コロナウイルス感染への対応が『戦時体制』に入った」ことを報じた。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合