ハーゲンダッツ、実は量2倍・価格半額のスーパーカップとクオリティ同等?全然違う?の画像1

 今、スーパーやコンビニエンスストアなどで売られているアイスは、2つの巨大ブランドの熾烈な戦いが繰り広げられている。「明治 エッセル スーパーカップ」と「ハーゲンダッツ」である。両ブランドのカップアイス(バニラ味)を内容量と価格で比べてみると、スーパーカップは内容量200ml・希望小売価格140円(税別)、ハーゲンダッツは内容量110ml・希望小売価格295円(税別)。なんと同じカップアイスながら1mlあたりの価格差が4倍近くあるのだ。

 にもかかわらず、LINEリサーチによる人気アイスランキング(2020年5月時点)によると、堂々1位はハーゲンダッツ。しかも得票率は14.0%で、4位で得票率6.4%だったスーパーカップにダブルスコア以上の大差をつける結果に。ハーゲンダッツのブランド力は、さすがといったところだろう。

 一方で、アイスクリーム新商品の売上ランキングは、昨年11月分集計時点で、5カ月連続でスーパーカップが1位に君臨していた。また、ネット上では「スーパーカップの味はハーゲンダッツと比べても遜色ない」という声も多いようである。それが本当なら、スーパーカップはハーゲンダッツよりはるかにおトクということになるだろう。

 このように、2つの商品は一進一退の攻防を繰り広げている。気になるのは、実際に味の差や中身の違いは一体どれほどのものなのだろうか、ということ。そこで、今回は「スーパーカップ 超バニラ 200ml」と「ハーゲンダッツ ミニカップ バニラ」の2商品について、フードアナリストの重盛高雄氏に客観的に解説してもらったうえで、筆者が実食して忖度ナシの徹底比較を行った。

価格も大きさも異なる理由は「乳成分量」の大きな差が要因

 まずは、2つの商品の価格と内容量に大きな差がある理由について聞いた。

「それぞれパッケージの裏に書かれている『種類別』の名称の違いに答えがあります。乳成分量によって表示が異なるこの名称は、スーパーカップが『ラクトアイス』、ハーゲンダッツが『アイスクリーム』という表記。『ラクトアイス』が“乳固形分3.0%以上”なのに対して、『アイスクリーム』は“乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪分8.0%以上”になります。つまり、スーパーカップは分類上アイスクリームではなく、ハーゲンダッツは正真正銘アイスクリームであるということになります。

 その違いは、実際に味のクオリティにも差が出ているはずです。乳成分が少ないスーパーカップは、他の商品に負けないように水あめや香料といったもので、さまざまな味付けをしています。その企業努力の成果もあって、最初の一口については、ハーゲンダッツとそこまでかけ離れた印象にはならないかもしれません。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合