NEW

『鬼滅の刃』で論争、遊郭の作品利用を忌避すべきではない…普遍的価値の認識こそ重要

文・構成=菅谷仁/編集部、協力=渡辺豪/カストリ出版代表
『鬼滅の刃』で論争、遊郭の作品利用を忌避すべきではない…普遍的価値の認識こそ重要の画像1
「Getty images」より

「週刊少年ジャンプ」(集英社)の人気漫画『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴、同)のアニメ化作品のテレビシリーズ第2期作品集「遊廓編」が年内に放送されることが発表された。ファンにとっては待望の続編発表の報せであった一方、Twitter上では同作品で大正時代の吉原の「遊廓」が描かれることに関して若干のハレーションが見られた。

 折しも、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長が、女性発言で退任し、ジェンダーに関する議論が活発化していたこともあり、「子どもの見るアニメで遊廓を取り扱うことの是非」めぐり、さまざまな意見が噴出している。

 鬼滅アニメ第2期は原作漫画8~11巻の内容と見られている。主人公の竈門炭治郎や竈門禰豆子、メーンキャラクターの吾妻善逸、嘴平伊之助、そして鬼殺隊の音柱・宇髄天元吉原らが、東京・吉原の遊廓に潜む「上弦の陸」の鬼の兄妹、堕姫と妓夫太郎らと戦うストーリーだ。同作品に登場する鬼は、鬼になるまで悲劇的な身の上を背負っていることが多い。今回、登場する堕姫と妓夫太郎も同様で、2人のキャラクターに深みを加えるのが「遊廓」という舞台設定だ。

 一方、Twitter上では「遊廓編」放送が発表された当初から、「子どもに遊廓を説明できない」(原文ママ、以下同、当該ツイートは19日削除された)「遊廓がどんな場所でどんな悲劇があったのかを分かっていたら題材にふさわしくない」などという投稿も散見された。

 こうした投稿に鬼滅ファンや、常々アニメ全般の表現の自由を主張するネット論客が反応し、Twitter上で激しい言葉のやり取りが行われたのだった。

 女性の人権を守ることは現代社会の重要命題だ。一方で、現代の視点から「遊廓」という歴史的な存在を無かったことにし、それを舞台にした作品や表現を否定してもいいのかという指摘もあるだろう。

 今回のネット上の論争を一つの契機として、現代社会に生きる我々は「遊廓」をどのようにとらえればいいのか。赤線や遊廓研究家で遊廓や赤線に関連する文献を専門的に出版する株式会社カストリ出版代表の渡辺豪氏に見解を求めた。以下、渡辺氏の寄稿文を原文のまま掲載する。

<カストリ出版・渡辺氏の寄稿>

遊廓の存在は現代のコンビニの密度に近しい

 売春防止法が公布された昭和31年当時、さまざまな形態をとった娼家の数は、労働省の調べによれば、全国に約3万9000軒存在したとみられる。これは当時の人口10万人あたり約43軒に相当し、現代におけるコンビニの密度44軒に近しい。遊廓と俗称された娼街は、「社会の暗部」「密かな悪所」とのイメージが膾炙しているが、(都市部や山間部などの偏りはあるものの)密度の上では例外的で隠された存在などではなく、わずか60年前の日本人にとって身近なものでさえあった。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合