写真をセピアやモノクロにできる「Colorful」、切り抜き自在「ClipCrop」の画像1 スマホで撮影した写真をInstagramに投稿する際、さまざまな形に切り抜いておしゃれ度をアップさせてみませんか? 今回紹介するのは、星型やアルファベット型などいろいろな形に写真を切り取れる写真加工アプリ「ClipCrop」。使い方も非常にシンプルなので、手軽にトリミングしたいユーザーにはおススメです。

 まず加工する画像を選んだら、画面上部にある“ハートマーク”のアイコンをタップしてみましょう。すると画面下にいくつか“切り抜きの型”が出現。四角形や星形といったベーシックな型はもちろん、“吹き出しマーク”や“Twitterのマーク”といった変わり種まで用意されていました。

写真をセピアやモノクロにできる「Colorful」、切り抜き自在「ClipCrop」の画像2

 今回は可愛らしい“ハート型”を選択。画像を指で動かして、切り抜きたい場所にフォーカスを合わせます。フレームのサイズを変えたい場合は、左右にスワイプできるバーで簡単に変更可能。微調整をしたければ、「+」と「-」のボタンで少しずつ大きさを変えてみてください。

写真をセピアやモノクロにできる「Colorful」、切り抜き自在「ClipCrop」の画像3

写真をセピアやモノクロにできる「Colorful」、切り抜き自在「ClipCrop」の画像4

 トリミングを終えた後は、右上の「完了」ボタンを押すだけ。“背景色”も自由に入れられるので、より自分好みの写真に仕上がるかもしれません。

写真をセピアやモノクロにできる「Colorful」、切り抜き自在「ClipCrop」の画像5

写真をセピアやモノクロにできる「Colorful」、切り抜き自在「ClipCrop」の画像6

 実際に利用している人からは、

「枠の色や位置、形を好きに変えられるのは最高だね」

「型の種類が豊富ですごく嬉しい」

「シンプルな操作性で使い勝手バツグン!」

などの声が続出。同アプリを活用して、オリジナリティあふれる写真を投稿してみては?

ClipCrop

 次にご紹介するのが「Colorful」。

 Instagramに画像を投稿する際、写真に写っている“人や物”を強調させたい時ってありますよね。そこで今回紹介するのは、400万ダウンロードを突破した大ヒットアプリ「Colorful」。モノクロ、セピアなどのフィルターを使って自由に色合いを調整できるので、ワンランクアップさせたおしゃれ画像をつくれるかもしれません。

 さっそくアプリを起動してみると、各アイコンの説明が表示されます。初めて使う人にとっては非常にありがたいですね。

写真をセピアやモノクロにできる「Colorful」、切り抜き自在「ClipCrop」の画像7

 

 加工したい写真を選んだら、一番左下の「エフェクトを変える」ボタンをタップ。するとモノクロ、セピア、モザイクなど、6種類のフィルターエフェクトが用意されていました。

写真をセピアやモノクロにできる「Colorful」、切り抜き自在「ClipCrop」の画像8

 今回は「モノクロ」を選択して加工を施していきます。やり方は簡単で、色付けしたい部分を指でなぞればOK。触れた箇所だけが元の色合いに戻るため、お好みの場所を彩ることが可能です。細かく調整したい時は、ペンサイズを変更したり画像を拡大してみてください。

写真をセピアやモノクロにできる「Colorful」、切り抜き自在「ClipCrop」の画像9

写真をセピアやモノクロにできる「Colorful」、切り抜き自在「ClipCrop」の画像10

 利用者の声を見ていくと、

「塗り絵みたいな感覚で加工を楽しめる」

「間違えて塗った場所も“消しゴム機能”で消せるから最高」

「無料でこの機能はすごすぎる!」

などのコメントが。自由に色合いをアレンジできる同アプリで、他の人の写真と“差”をつけてみては?

(文=編集部)

Colorful-画像編集できるカメラアプリ?!

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合