NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」

苦難の連続…かもめの玉子「さいとう製菓」、極貧の餅店から世界的菓子メーカーへの軌跡

文=鬼塚眞子/一般社団法人日本保険ジャーナリスト協会代表、一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表
【この記事のキーワード】

, ,

苦難の連続…かもめの玉子「さいとう製菓」、極貧の餅店から世界的菓子メーカーへの軌跡の画像1
モンドセレクションの金メダルを手にする、さいとう製菓の齊藤俊明会長

「名物に旨いものなし」と揶揄されるものも多いなかで、岩手県大船渡市に本社を構えるさいとう製菓のメイン商品である「かもめの玉子」は、1990年から3年連続でヨーロッパの国際食品コンクール「モンドセレクション」で金メダルを受賞しています。

 岩手から東北の銘菓として販路を拡大していた同社ですが、東日本大震災で本社、工場1棟、直営店5店舗が壊滅状態になり、3億1000万円の損失を出してしまいます。しかし、同社の齊藤俊明会長(当時社長)は「津波の被害を免れた『かもめの玉子』の生産工場のメンテナンスを早急に行って、大船渡のなかで一番の復活を目指す」を合い言葉に、準備を進めていました。

 ところが、予想もしない大ピンチに立たされます。被害を受けたのは、人や家屋だけではありません。農作物や家畜も大きな犠牲を受けました。「かもめの玉子」は、練乳の入った黄味餡をカステラに包み、ホワイトチョコでコーティングしていますが、これらはすべて自社製造です。カステラをつくる上で欠かせない卵がこれまでの量を確保できなくなってしまったのです。津波の二次被害で鶏のエサ不足が発生したのが原因でした。

 同社は創業以来、材料にも厳選されたものだけを使用しているからこそ、素材のおいしさが互いに引き出され、しっとり、ほくほくとした、どんな飲み物にもマッチする上品な甘さのお菓子が完成するのです。卵にしても、衛生や品質管理が徹底した養鶏場から、毎日、産みたてのものを届けてもらっていました。新鮮な卵の旨みは格別です。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      

 社員も誇りを持って仕事に取り組んでいるため、「非常事態だから、この際、入手できる卵であれば何でもいい」という妥協を許すはずはありません。

“おいしさの復活”こそ、震災復興の第一歩となります。何か一つでも妥協すれば、味の再現はできません。妥協はお客様への裏切りとなります。震災直後は、ガソリンの確保も道路の整備も十分とはいえない状況で、他地区からの調達も望めない絶望的な状況に、一時は製造を中止せざるをえない状況に追いやられてしまいました。

 ところが、奇跡が起こったのです。窮状を見かねた取引先の業者が、「困った時はお互い樣」と、さいとう製菓への納入を最優先で行ってくれることになったのです。

「業者間の日々の信頼関係を、この時ほど痛感したことはありません。『買ってやっているんじゃない。その材料を買わせていただいているから商品がある』と取引先を大切にする姿勢は、創業者であった私の祖母から先代の父に、先代の父から当社に受け継がれた齊藤家のDNAです。仮に私一人がそういう姿勢を見せても、社員がそっぽを向いていたら、取引先との信頼関係は成立しなかったと思います。取引先をぞんざいに扱う社員は、当社には一人もいません」(齊藤会長)

必死の立て直し

 実際、同社が地元の人を大切にし、復活がどれだけ地元の励みになっていたのか、私事になりますが、お話させていただきます。

「かもめの玉子」を初めて味わったのは、同社のお客様である知人から送られてきたときでした。「大船渡は津波と地震のWパンチで、地元の人は将来の見通しなど持てないほどの絶望感でいっぱいでした。そんな状況なのに、さいとう製菓さんは、わずかの期間で再開して、震災前と変わらないおいしさです。お店のスタッフさんも大変だと思うのに『一緒にがんばりましょう』と笑顔で励ましてくれるのです。地元にとって復興の証ではなく“希望の味”です」というメッセージとともに送られてきたのです。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合