NEW

吉野家・すき家・松屋、不評続出の商品6選!「匂いがヤバい」「冷凍食品感が強い」

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
吉野家・すき家・松屋、不評続出の商品6選!「匂いがヤバい」「冷凍食品感が強い」の画像1
吉野家の店舗

 全国的に展開している牛丼チェーンは商品の提供スピードの早さからテイクアウトも盛んで、世代を問わず幅広く愛されている。しかし、牛丼チェーン大手3社の「吉野家」「すき家」「松屋」の各運営会社が発表した第3四半期決算短信によると、新型コロナウイルスが猛威を振るう昨今は厳しい状況にあるようだ。

 それぞれの連結決算を見ていくと、すき家を展開するゼンショーホールディングスは1億9200万円(2020年4~12月)、松屋フーズホールディングスは18億6600万円(20年4~12月)、吉野家ホールディングスは54億9900万円(20年3~11月)の最終損失を記録しており、3社ともに赤字を出すこととなった。

 業界大手ということもあって基本的に優れたメニューが揃っているが、中にはおすすめできないような商品もラインナップされている。今回は、大手3チェーンの商品を独自にリサーチし、「この春、買ってはいけない3大牛丼チェーンの商品」6品を選出した(価格は税込み)。

吉野家/ライザップ牛サラダ/550円

 最初に紹介する「ライザップ牛サラダ」は、19年8月の『吉野家・すき家・松屋、今夏、注文すると損する“大不評”メニュー6選!』でも取り上げた商品。リモート太りなどに気を遣いたい方におすすめできない商品として、再度チョイスした。

吉野家・すき家・松屋、不評続出の商品6選!「匂いがヤバい」「冷凍食品感が強い」の画像2

 これはライザップとコラボレーションして開発されたサラダで、牛肉や鶏肉、ブロッコリー、半熟玉子といった食材を揃えて、高たんぱく質かつ低糖質であることが特徴の商品となっている。栄養バランスには優れているのだが、前回も言及した食い足りなさだけでなく、「コスパが悪い」という声も上がっている。

 実食してみると味はおいしいのだが、ボリュームを考えると、550円という価格に見合った量とは言い難いかもしれない。ダイエット食にコスパを求めるべきではないかもしれないが、割高感が気になる方は別の商品にするべきだろう。

吉野家/チーズカルビ丼(並盛)/720円

 続いては、吉野家「チーズカルビ丼」。19年10月に掲載された『吉野家・すき家・松屋、大不評のメニュー5選!松屋のカレー改悪?』で一度紹介しているが、「チーズの盛り付けが悲惨」「他店のチーズの方がおいしい」とチーズのクオリティに疑問を抱く声も多いので、改めてピックアップさせていただきたい。

吉野家・すき家・松屋、不評続出の商品6選!「匂いがヤバい」「冷凍食品感が強い」の画像3

 実際に購入してみたところ、チーズの盛りつけにそこまで粗雑さはない。味についても、以前取り上げた際には味の濃さが不満点として挙げられていたが、厚みのあるカルビ肉にからめられた醤油だれとチーズの相性が良く、今回問題は感じられなかった。

 しかし、チーズの味や食感については他店と比べると好みが分かれるようなクセの強さがあるだけでなく、ややソリッドなチーズとなっているので、とろとろ感が少ない印象を抱くかもしれない。商品によっての当たり外れの差が激しいとも言えるので、その点を留意して購入していただきたい。

すき家/牛あいがけ豚角煮丼(並盛)/790円

 次に紹介するのは、20年9月30日に登場したすき家の「牛あいがけ豚角煮丼」。本格中華を志向した商品で、厚く切られたとろとろの豚角煮と牛肉を同時に味わえるのが特徴だ。

吉野家・すき家・松屋、不評続出の商品6選!「匂いがヤバい」「冷凍食品感が強い」の画像4

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合