NEW

吉野家・すき家・松屋、大不評のメニュー5選!松屋のカレー改悪?

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉野家・すき家・松屋、大不評のメニュー5選!松屋のカレー改悪?の画像1
吉野家の店舗

“牛丼御三家”と呼ばれている吉野家すき家、松屋の3社の夏は、軒並み好調だったようだ。それぞれが発表した8月の月次報告によれば、既存店売上高は吉野家が前年同月比13.9%増、すき家が同3.5%増、松屋フーズ(牛めし事業店のみ)が同6.1%増を記録したという。

 すき家と松屋はこれまでも堅調が伝えられていたため、好業績も不思議ではないが、驚くべきは吉野家だ。同チェーンを展開する吉野家ホールディングスは2019年2月期連結決算で最終損益が約60億円の赤字に転落するなど、一時期は低迷が伝えられていた。しかし、牛丼の新サイズとして送り出した「超特盛」のヒットなどもあり、勢いを取り戻しつつあるようだ。

 競争の激しい牛丼業界のなかで生き残っていくために、“牛丼御三家”は新しいメニューの開発や定番商品の改良を続けている。利用者としてはありがたい側面もあるが、だからこそ迷ってしまうという場面も出てくるだろう。

 そこで、今回は「この秋、買ってはいけない3大牛丼チェーンのメニュー5選」を選出した。メニュー選びで後悔しないための参考としてほしい。

吉野家/チーズカルビ丼/649円(税別)

 ここ数年でトッピングの定番になった感のあるチーズを乗せた牛丼のメニューは各社が開発に取り組み、売り出している。そのなかで残念な評価を下されてしまいがちなのが、吉野家の「チーズカルビ丼」だ。吉野家・すき家・松屋、大不評のメニュー5選!松屋のカレー改悪?の画像2

 不評を買う原因となってしまっているのが、こってりとした味の濃さ。一つひとつのメニューがハイクオリティな吉野家だからこそ、単体として完成度が高い「カルビ丼」にチーズの濃厚さがプラスされると、やや過剰に感じてしまう人が多いようだ。

 また、溶けていない細切りチーズが乗せられているのも好き嫌いが分かれるところ。食欲の秋にチーズ牛丼をがつがつ食べたいという人は、他社の商品を選ぶのがベターだろう。

吉野家/チキンスパイシーカレー/511円(税別)

 8月に掲載した「この夏、買ってはいけない3大牛丼チェーンのメニュー6選」では、食べると後悔してしまうかもしれない“残念メニュー”として「スパイシーカレー」を紹介した。同商品にチキンをトッピングした「チキンスパイシーカレー」は、よりおすすめできないメニューとなっている。

 スパイシーカレーの問題点は、たくさんのスパイスが配合された複雑かつ独特な味わいにある。好きな人にはたまらないだろうが、一方で苦手な人も少なくないカレーとなってしまっているのである。

 そして、この商品のチキンにはタンドリーソースがかかっており、さらにスパイシーさがプラスされているので、よりいっそう人を選ぶメニューとなっている。スパイスが体を温めてくれるため、寒くなり始めた季節にもってこいの商品ではあるので、注文するか否かはお好み次第だろう。

すき家/サラ旨ポークカレー/490円(税込み)

 一風変わったトッピング牛丼ばかりではなく、海鮮メニューや丼メニューの意外なおいしさが話題になることの多いすき家において、陰に隠れてしまっているのがカレーだ。そもそも、2018年にカレーメニューがリニューアルされたことを知らない人も多いのではないだろうか。

吉野家・すき家・松屋、大不評のメニュー5選!松屋のカレー改悪?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事