就活面接で「愛読書」「座右の銘」「尊敬する人」の質問は“違法”なワケ…問題に発展もの画像1
「Getty images」より

 2022年卒業見込みの大学生の就職活動が間もなく本格化する。人気企業の選考試験の過去データや通過率の高いエントリーシートの書き方などに関して様々な情報がインターネット上で飛び交う中、今月8日、Twitter上に投稿された1つのツイートが注目を集めていた。

「愛読書はなにか」はNG

「就活の時、本読むの好きですって言ったら『具体的には何冊くらい今までに読みましたか?』って聞かれて嫌やったなー。遅読家やし、読書を数値にして何が嬉しいんや。どうせ"そういう本"ばっかり読んでるんやろな」(原文ママ、以下同)

 この投稿に対し、同様の質問をされて困惑した経験談が多数寄せられたほか、採用側の質問の意図を推測し、「冊数を知るための質問ではない」「そう聞かれた時、柔軟な考え方ができるかを聞いている」などという投稿も散見された。また、以下のような指摘もあった。

「面接には公正採用の観点から聞いてはいけない事があり、愛読書についてのなどの質問は禁止になっています。面接官の方の立場として、それらの質問を回避しつつ、あなたが趣味にどれだけ熱意を持っているかを冊数を通じて伺おうとしたと思います」

 趣味への熱意がどれだけ高いかということと、自社が募集している仕事の適正に何か関係はあるのだろうか。毎日、徹夜で読書して寝不足で会社に来られても困るだろうし、逆に趣味がなくて「仕事が趣味だ」などと職場で空回りされるのも考えものだろう。

「容姿」はもちろん「購読している新聞・雑誌」もアウト

 では、法律ではこうした採用面接の質問はどのように規定されているのか。職業安定法第5条の4に関する厚生労働大臣指針「平成11年厚生労働省告示第141号」には以下のような規定があった。

「個人情報の収集、保管及び使用

(1) 職業紹介事業者等(労働者の募集を行う者を含む)は、その業務の目的の範囲内で求職者等の個人情報(以下単に「個人情報」という)を収集することとし、次に掲げる個人情報を収集してはならないこと。ただし、特別な職業上の必要性が存在することその他業務の目的の達成に必要不可欠であって、収集目的を示して本人から収集する場合はこの限りでないこと。

イ 人種、民族、社会的身分、門地、本籍、出生地その他社会的差別の原因となるおそれのある事項

ロ 思想及び信条

ハ 労働組合への加入状況

(イからハについては、具体的には、例えば次に掲げる事項等が該当します)

 イ関係

 ① 家族の職業、収入、本人の資産等の情報(税金、社会保険の取扱い等労務管理を適切に実施するために必要なものを除く)

 ② 容姿、スリーサイズ等差別的評価に繋がる情報

ロ関係

 人生観、生活信条、支持政党、購読新聞・雑誌、愛読書

ハ関係

 労働運動、学生運動、消費者運動その他社会運動に関する情報」

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合