NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

本当のことを知ると意外と怖いオペラの名曲たち…絶対に結婚式で歌ってはいけない曲も

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】

, , ,

本当のことを知ると意外と怖いオペラの名曲たち…絶対に結婚式で歌ってはいけない曲もの画像1
「Getty Images」より

 東京オリンピックは開催されるのか喧々諤々と議論が交わされていますが、来年には中国・北京で冬季オリンピックが控えています。羽生結弦さんの3連覇はあるのか、紀平梨花さんはどうか、もしかしてダブルでメダル獲得も……? 気が早すぎるのですが、オリンピックスポーツのなかで、音楽が大活躍するフィギュアスケートだけに、僕も毎回楽しみにしています。

 もし、紀平さんが金メダルを取ることになれば、日本人女性2人目の快挙となります。1人目の受賞者は、2006年にイタリア・トリノで行われたオリンピックにて、美しいブルーの衣装を着て“アジアンビューティー”と世界中の人々をその演技のとりこにした荒川静香さんです。その美しい演技だけでなく、指揮者の僕はどうしても演技に使っていた音楽に引き込まれてしまいました。

 その曲は、イタリア2大オペラ作曲家のひとり、ジャコモ・プッチーニの歌劇『トゥーランドット』から、アリア『まだ寝てはならぬ』です。僕の大好きなオペラ・アリアであるというだけでなく、イタリア・オペラファンならば、好きなアリアの5本指に入るに違いない名曲中の名曲で、知らない人はいないでしょう。

 トリノ・オリンピックの開会式は、音楽の国イタリアが総力を挙げた見事なものでした。世界的テノール歌手、ルチアーノ・パヴァロッティが登場し、世界中に生放送でその美声を披露したのも、この『まだ寝てはならぬ』でした。この絶対的な印象を持ったまま、フィギュアスケートを見ていた方も多かったと思います。

 金メダル受賞後、日本に帰国した荒川さんは、当時の小泉純一郎首相を表敬訪問した際に、オペラ大好きな元首相から「プッチーニのトゥーランドットはパヴァロッティも開会式で歌っていたね」と声をかけられ、「少し運命を感じました」と答えたと報じられました。ちなみに後日、小泉元首相と荒川さんは東京のサントリーホールでオペラ『トゥーランドット』を2人で鑑賞されたそうです。

 YouTubeで検索すれば『まだ寝てはならぬ』は出てくるので、ぜひ聴いていただきたいです。なにせ、テノールのアリア中のアリアともいえる、美しくスケールの大きな音楽で、感動すること間違いなしです。

『まだ寝てはならぬ』の恐ろしい真実

 しかし、実はこのアリアはそんな平和な内容ではありません。『まだ寝てはならぬ』の舞台は、来年の冬季オリンピックの会場でもある北京です。

 皇帝が支配していた時代、老いた皇帝がとても大切にしている一人娘で絶世の美女といわれるトゥーランドットと結婚する花婿に、皇帝の座を受け渡そうと考えていました。世界中の国々の王子たちが皇帝の座を狙って北京の紫禁城にやってきますが、トゥーランドットを見るや否や、皇帝の座に対する野望などすっかりと忘れ、全員、彼女の美貌にのぼせてしまいます。

 結婚相手となる条件は、トゥーランドットが出題する“3つの謎”を解答することで、これが難題中の難題。誰も解くことができず、謎を解けなかったときの“約束事”として、次々に首を切られてしまいます。

 そんな時にやってきたのが、ダッタン国の王子・カラフです。そして、このカラフの有名なアリアこそ、荒川さんが世界中のフィギュアファンを虜にした演技に使われていた曲です。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合