NEW
舘内端「クルマの危機と未来」

「エンジン自動車の時代」を築き上げたGMとホンダは、なぜエンジン自動車を捨てるのか?

文=舘内端/自動車評論家
【この記事のキーワード】

, ,

「エンジン自動車の時代」を築き上げたGMとホンダは、なぜエンジン自動車を捨てるのか?の画像1
ゼネラルモーターズ(「Wikipedia」より)

世界をリードしたGM

 現在でこそトヨタ自動車やVW(フォルクスワーゲン)に生産台数で抜かれているが、歴史の長さ、生産したクルマのサイズ、トータル生産台数、そして豪華さで、GM(ゼネラルモーターズ)の右に出る自動車メーカーはない。20世紀を自動車の世紀にのし上げたのは、GMである。

 GMの歴史は、排気量6リットルのV型8気筒、500馬力というビックエンジンがつくった。それは巨大にして華麗な自動車の歴史である。大きなボディは大きなエンジンを載せるためのものであった。だが、その巨艦主義も、環境・エネルギー問題の登場という歴史の変遷の中で潰えていくのだった。

 アメリカ人はもとより日本人も憧れたGM車には、キャデラック、カマロ、コルベットなど数多い名車があった。GMはそれらを生産するキャデラック社、オルズモビル社、ポンティアック社などを買収し、まとめ上げ、世界最大の自動車メーカーになった。巨大自動車メーカー、GMの誕生は1908年である。

フルラインとモデルチェンジ

 同じ1908年、フォードはT型フォードを発表した。それからの19年間で1500万台も生産、販売し、単一モデルとしてとてつもない記録を出し、米国のというよりも世界のモータリゼーションの扉を拓いた。

 一方、GMは1923年に社長になったアルフレッド・スローンが、フォードに対抗すべく、フルライン生産と矢継ぎ早のモデルチェンジという現代に続く経営方針を掲げた。フルラインとは、小型車からビッグサイズのクルマまで、すべてのサイズのモデルを用意するということだ。そして、それらを数年ごとにモデルチェンジし、自動車の魅力を消費者に訴えるのだ。GMはこの販売戦略で、米国だけではなく世界の多くの市場を席巻していった。

 それをそのまま真似たのが日本の自動車メーカーであった。まさに現代に続く自動車生産と販売のあり方であった。しかし、GMは77年も守り続けた世界一の座を2008年にトヨタに譲り、倒産。一時は国有化されたのであった。

GMを襲った環境・エネルギー問題

 GMの衰退にはさまざまな理由があるが、やはりその巨大な力を削いだのは環境問題とエネルギー問題であった。GMの力を削いだ最初の環境問題は、カリフォルニア州で明らかとなった排ガスによる大気環境の悪化=健康被害であった。また、1973年、78年と世界を襲ったオイルショックは、世界一の石油生産量を誇る米国さえも震撼させた。排ガスと石油という環境・エネルギー問題によって、自動車は一気に燃費の良い小型車にシフトを始めた。日本車の時代の到来であった。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合