NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

ベートーヴェン、難聴になった本当の原因はワインも?今では考えられない当時の日常生活

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】

, , ,

ベートーヴェン、難聴になった本当の原因はワインも?今では考えられない当時の日常生活の画像1
「Getty Images」より

「教会の鐘が動いているにもかかわらず、鐘の音が聴こえない」

 これは、ベートーヴェンが後半生苦しんだ、持病の難聴の深刻さに気付いた際に語ったとされるエピソードです。“楽聖”とも呼ばれる西洋音楽史の偉大な英雄、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンは生涯で9つの交響曲を書き上げましたが、第2番を作曲している時には、早くも聴力の異常に悩み始めています。

 音が聴こえないことは、音楽家にとっての“死”を意味します。自分が書いた作品を、実際に聴くことすらできないのです。悩み苦しんで、ベートーヴェンは遺書まで書いたくらいでした。

 とはいえ、突発性難聴のように、ある日急に聞こえなくなるというものではなく、難聴が少しずつ進行していくものであったそうです。原因については長い間、梅毒だったのではないかといわれていましたが、最近では鉛中毒ではないかという推測が通説になっています。

 ベートーヴェンの毛髪を分析した研究者によって1995年に、新しい発見がありました。ある人物がベートーヴェンの本当の死因を突き止めたい一心で、オークションにてベートーヴェンの20本の毛髪を競り落とし、研究者が分析した結果、難聴を引き起こすとされる、梅毒の治療に当時使用していた水銀が、ほとんど検出されなかったのです。その代わりに、なんと通常の100倍の鉛が毛髪から検出。つまり、ベートーヴェンは鉛中毒となっており、そのために聴力を失っていったのだと結論づけたのです。

 鉛中毒になると、腹痛などの胃腸疾患だけでなく、健忘症や癇癪(かんしゃく)、異常行動のような精神疾患も起こします。進行性聴力障害も含めて、ベートーヴェンが後半生苦しめられてきた心身の疾患と合致するのです。

 鉛は、採掘と精錬が簡単なうえ、柔らかく加工もしやすい便利な金属で、古代から広く利用されてきました。ベートーヴェンが活躍していた当時のヨーロッパでも、水道管、炊事道具、食卓用品、洗面具として大量に使われていました。鉛が毒性と蓄積性を持っていることがわかった現在ではほとんど使用されなくなりましたが、当時はそんなことは知られておらず、ベートーヴェンも鉛製品を使って飲んだり食べたりしていました。それにより、体内に大量に鉛を蓄積して鉛中毒に陥ってしまったと考えられます。

 しかも、ベートーヴェンは大のワイン好きでした。当時のワインは、今では想像もつきませんが、苦みを取るために鉛を添加するのが普通だったのです。したがって、ベートーヴェンは朝起きて、鉛の水道管を通って出てくる水で口をゆすぎ、鉛の鍋でつくった料理を鉛の食器を使用して食べ、夜は鉛が入ったワインを飲んでいたのです。

 その証拠に、ベートーヴェンが使用していたワインの容器からは鉛が検出されているそうです。しかも、医師の勧めにより滞在した温泉地で、温泉水を飲んでいたこともよくなかったともいわれています。温泉の成分には鉛が含まれています。日本の温泉での湯治と違ってヨーロッパの温泉は、お風呂に入るのではなく、都会から離れてゆったりと療養し、毎日の散歩の途中で温泉水を飲むことが一般的なので、難聴の治療に役立つどころか、むしろ逆効果だったのです。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合