NEW
木村誠「20年代、大学新時代」

NHKドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』が大学関係者の間で注目される理由

文=木村誠/教育ジャーナリスト
NHKドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』が大学関係者の間で注目される理由の画像1
今ここにある危機とぼくの好感度について – NHK – NHK.JP」より

今ここにある危機とぼくの好感度について』というわけのわからないタイトルのNHK「土曜ドラマ」が、大学関係者の間で注目されているようだ。5月29日までに全5回が放送された。

 複数の国立大学で教授を務めた大学人が、フェイスブックで「リアリティに欠ける構成。ストーリーもそうだが、スタジオのセットの建て込みやロケ地など全く国立大学とは思えない設定。俳優たちの演技もぎこちない」としつつも、「ただもう少し事情が明るい者が見ると、なにがいいたいか、なにを風刺しているかがよくわかる。極めて高度なドラマかも知れない」とコメントをしていた。

 事なかれ主義のテレビ局アナウンサー(松坂桃李)が母校の国立大学の広報マンに転職し、個性派の教員が跋扈するキャンパスで振り回されていく。国立大らしからぬキャンパス風景は、日本大学文理学部や城西大学などが撮影協力をしているというから納得がいく。

 ストーリーは、ノーベル賞級の研究で看板教授の研究データ改ざんを告発したポスドク(女性)の戦いや、学内の研究室から出た蚊によるアレルギー伝染事件などを通して、現在の大学をめぐる諸問題を浮き彫りにしている。学内理事会による隠蔽工作、政府や企業の資金に頼る大学の経済的逼迫、それでも研究や表現の自由を守ろうとする少数の教員や、学生のささやかな抵抗などが描かれる。ただ、登場人物はみな漫画的で、これはNHKの自画像かも、と思わせる。

神里教授の視点「無責任社会の反映」

 千葉大学の神里達博教授は、朝日新聞の連載コラム「月刊安心新聞」でこのドラマを取り上げて、「大学というところは、こんなにトラブルばかりが続く場所ではないし、デフォルメし過ぎの嫌いはある。それでも、ディテールに既視感を覚えるのはなぜだろうか。――このドラマの登場人物はいずれも癖が強いが、その多くに共通してあてはまる特徴がある。それは、何らかの意味で、無責任なのである。しかも、無責任であることの隠蔽を試み、時には自分自身すらもだましてしまおうとするほどの、タチの悪い無責任なのだ」と言及する。

 そして、コロナと東京オリンピックの本当の責任者不在に論及するのである。ただし、もし大学人が無責任な態度を取ることにリアリティがあるとしても、それは単なる日本社会の反映にすぎないとは言い切れない。

 国立大学の法人化のスタートは、時の小泉政権の公務員削減の帳尻合わせではあったが、競争至上の新自由主義に導く動きを加速させる狙いもあったように思われる。運営費交付金の削減と国の評価に基づく競争的資金の導入は、その端的な表れであった。後に公立大学も法人化が進んだ。

 その結果、外部の評価ばかりを気にする隠蔽主義を生み、教育研究の経済的効率化を進めて、競争に生き残ることを至上命題とするようになってしまった。国やマスコミも、世界大学ランキングのランクアップで大学を評価するようになった。

 しかし、本当に競争で大学の研究教育水準は上昇するのだろうか。むしろ、勝てばよいのだという無責任な結果主義がはびこり、NHKドラマのような展開になっているのでないだろうか。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合