「“軽”団連」と揶揄…経団連、存在意義の低下が深刻、消去法で選出された十倉・新会長の画像1
経団連会館(「Wikipedia」より)

「財界総理」と呼ばれる経団連中西宏明会長(日立製作所会長、75)が、リンパ腫が再発したため6月1日の定時総会で交代した。中西氏は日立でも相談役に退いた。経団連会長が病気で任期途中で退任するのは初めて。新しい会長には住友化学の十倉雅和会長(70)が就任した。中西氏の残りの任期、1年をやるのではなく、新たに2期4年の任期である。

 中西氏は18年5月に経団連会長の椅子に座った。リンパ腫を19年6月に公表。復帰したが、昨年7月に再発がわかった。入院して抗がん剤治療を続けながら、テレビ会議システムなどを使って職務を続けてきたが、容体が悪化。4月、久保田政一事務総長に退任の意向を伝えた。

 新しい会長を選ぶ際に基準がある。副会長経験者、出身企業で社長または会長、製造業出身の3つだ。今回もこれが準用された。“ポスト中西”に該当するのは5人だった。現職の副会長では日本製鉄の進藤孝生会長(71)とコマツの大橋徹二会長(67)。副会長OBは三菱重工業の宮永俊一会長(73)、トヨタ自動車の内山田竹志会長(74)、そして十倉氏だった。

「デジタル化と環境問題に造詣が深い」という理由で中西氏が推薦した。名誉会長(歴代の会長経験者)の了承を取り付け、十倉氏の次期会長が決まった。十倉雅和氏は下馬評にものぼらなかったサプライズ人事だが、伏線はあった。

「日本製鉄の進藤氏は4年前にも会長候補で中西さんと競い合った。だから、(中西さんに)進藤さんを選ぶという選択肢はなかったのだろう。製造業の現役の副会長から選ぶとなると、コマツしかいない。しかし、大橋さんは(経団連会長としては)若い。かつドライな理論派で政府の委員等には適任だが、他の企業のうるさ方のトップに頭を下げてまでして意見をまとめるタイプではない」(経団連の元副会長)

「製造業以外に候補を広げようとしたが、銀行、総合商社とも業界内の競争が激しく、座り具合が悪かった」(現役の副会長)

「消去法で十倉さんがなったのだろう。真面目で敵は少ない」(別の副会長)。

 日立の幹部は別の見方をする。

「(中西氏と十倉氏は)価値観が一致している。かつて同時期に経団連の副会長を務めたし、16年に政府の総合科学技術・イノベーション会議の議員を、中西さんは十倉さんにバトンタッチしている。何も言わなくても中西路線は踏襲される」

 十倉・新会長は「闘病しながらいろいろ発信した中西会長の不屈の精神に敬意を表したい」と前任者を称えた。2人はウマが合うのである。もし、中西氏が22年春の任期を全うしていれば、「十倉氏の出番はなかった」(有力会員企業のトップ)。6月1日付でパナソニックの津賀一宏社長(64)、日本製鉄の橋本英二社長(65)など複数の有力な製造業のトップが副会長になったからである。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合