NEW

“猫の島”沖島、なぜ大量の猫たちは忽然と姿を消したのか?女性二人組が持ち出した?

写真・文=粟野仁雄/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

“猫の島”沖島、なぜ大量の猫たちは忽然と姿を消したのか?女性二人組が持ち出した?の画像1
沖島で見かけた猫

 滋賀県の琵琶湖の東側湖上に周囲約6.8キロ、面積約1.5平方キロ、人口240人ほどの小さな島「沖島」がある。日本で唯一の人が住む湖上の島である。それどころか、世界的にも湖上の島に人が住んでいるというのは極めて珍しく、カナダなど4カ所しかないという。学術的にも貴重な島である。

 湖で漁業を営む人が大半だ。島内に小学校が一つあるが、島から通う生徒はたった一人。対岸の堀切新港(近江八幡市)を結ぶ連絡船「おきしま」が日常の足である。島に車は一台も走っておらず、ミニバイクが少しあるだけという。

 さて、この島は以前、著名な動物写真家の岩合光昭氏が写真集で紹介し、「猫の島」として知られるようになり、ブームとなって多くの来訪者がネットなどに投稿してきた。

 筆者は6月5日(土)に訪ねた。正午過ぎの船に乗って10分ほどで沖島に着く。片道500円。過疎化で高齢化しているが、島内の「足」は、三輪型の自転車が目立つ。後ろの籠に魚や野菜などをたっぷり載せて「よっこらしょ」とペダルを漕ぎ出し、元気に走っている。

 お目当ての猫は下船直後に1匹だけ見かけたが、あとでいくらも写真は撮れると思い、「見晴らし広場」を目指して山の中のほうに入っていた。ところが山を下りて海際に戻っても、ちっとも猫はいない。沖島漁港へ戻る途中、年配女性が立派な鯉を包丁でさばいていたが、猫一匹寄ってこない。

「猫、ちっともいないですね」と話すと、一緒にいた女性住民が驚くような話をした。

「どうも、この春、3月ごろだったかに、可愛い子猫をたくさん持って行ってしまった人がいるんです。50歳代くらいの2人の女性です。箱に二段にして入れて連絡船で島の外に持ち出したみたい。自然の猫ですから、年によっては繁殖数が少ないこともありますが、あれで猫がほとんどいなくなったみたい。売り物になるような高価な猫でもなく、普通の野良猫なんですけど、どうするんでしょうね」

 島も近江八幡市も猫を売りに観光しているわけではないが、空前の猫ブームのなか、やはり猫は沖島の魅力の一つだった。「持ち出し」の目撃者は多いようだ。「再び船で島に来た女性に、島の女の人が『あんた、また猫取りにきたんやろ』と言ってから、来なくなったみたいです」。鯉をさばいていた女性も、「夕方暗くなりかけたころに、女の人が何か探しているようなのを何度か見かけた。何してるのかなあと思っていた」。住民なら島民以外の人がいればすぐわかる。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合