激増するサウナのマナー違反…若者の「ドラクエ行為」を『サ道 2021』も問題視か?の画像1
『サ道 2021』は7月9日深夜放送開始。またもやサウナ旋風を巻き起こすのか?(画像はGettyImagesより)

 2019年7月クールで放送され話題を読んだドラマ『サ道』が、『サ道 2021』として2年ぶりに帰ってくる。

 同ドラマは、タナカカツキによるマンガ『マンガ サ道〜マンガで読むサウナ道〜』(講談社)を原作とし、お笑いトリオ・ネプチューンの原田泰造演じる主人公が日本各地の実在のサウナを訪問するという趣向。真にサウナを楽しむためのサウナ道=「サ道」がテーマとなっており、熱いサウナと冷たい水風呂による温冷交互浴によってもたらされるディープリラックス状態を指す「ととのう」などの言葉も広く知られるようになった。

 しかし一方で、これまで中年サラリーマンたちの疲れを密かに癒してきたサウナ業界には異変が起きているという。この『サ道』のヒットによって現実世界にも空前のサウナブームが巻き起こり、以前とは違った“新規サウナファン”が各地のサウナを訪れるようになっているのだ。

 今では、多くの芸能人やインフルエンサーが「サウナー」(サウナ愛好家)を名乗り、YouTube等にサウナ施設のレポート動画を公開。また、サウナ関連のムック本も相次いで出版され、サウナというジャンルはやおら“ドル箱”となっているのである。結果、人気のサウナ施設ともなればサウナルーキーの若者たちで溢れかえる大盛況に。これは、市場規模がそう大きいわけでもない温浴業界にとってはさぞや喜ばしい事態……かと思いきや、そうでもないらしいのだ。

 東京都内のあるサウナ施設経営者が、匿名を条件にこう語る。

「サウナに興味を持ってくださる方が増えるのは喜ばしいことなのですが、都内でサウナに特化した施設の多くは、郊外型の独立施設ではなく、ビルの1階などに居を構える雑居型。当然ながらあまり広くはないのに、ドラマ『サ道』で取り上げられたお店は“聖地”化しており、今はどこも非常に混んでいます。

 結果、入場待ち、サウナ室待ち、そして水風呂待ち……と、行列ができてしまうことさえ珍しくはない事態に。コロナ禍もあって、どこのお店も予約制にしたり人数制限をしたりしながら対応していますが、これまでの常連さんのなかには、その状況に嫌気が差して足が遠のいてしまった方もいらっしゃいますね」

 どうやら、コロナ禍で旅行や飲み会を自粛せざるを得なくなったアクティブな若者たちにとって、銭湯やサウナが新しいプレイスポットになっているようなのだ。

「今は飲食店は20時には閉まってしまいますが、サウナや銭湯は遅くまでやっています。サウナが、友人とのちょっとした遊び場所になっているのかもしれませんね。もちろんお客さまが増えること自体はありがたいことなのですが、新規客が増えれば、どうしてもマナーの悪い方が一定数はいらっしゃる。私たちも浴室の巡回を増やしたりして対応していますが、従業員の数も多くないので限界がありますし、あくまでも“マナー”ですから、明確なルール化まではしたくない。なので、貼り紙やウェブ上で注意喚起することくらいしかできないのが現状です」(前出・サウナ施設経営者)

【確認中】『サ道』放送でマナー違反者が激増?…かけず小僧、水風呂ダイバー、汗ロウリュって何?の画像2
『マンガ サ道〜マンガで読むサウナ道〜』第1巻。多数のメディアにも注目され、もはやサウナーのバイブル。サウナ施設の読書コーナーで見かけた方も多いだろう。週刊マンガ誌「モーニング」(講談社)にて連載中。
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合