「どうだった?」『news every.』事故死児童の同級生に無遠慮な取材&放送、物議醸すの画像1
日本テレビ『news every.』のHPより

 6月28日に千葉県八街市の市道で起きた、大型貨物トラックが下校中の同市立朝陽小学校の児童の列に突っ込んだ事故。男児2人が死亡、女児1人が意識不明の重体、2人が重傷を負うなど計5人の死傷者を生んだこの事故では、運転手の梅沢洋容疑者が飲酒運転をしていたことがわかっており、すでに千葉県警は梅沢容疑者を危険運転致死傷容疑で千葉地検に送検している。

 痛ましい事故の状況をテレビ各局のニュース番組が報じるなか、6月30日に放送された『news every.』(日本テレビ系)の取材手法に疑問の声があがっている。『every』内では記者が、亡くなった2人の男児の友達にインタビューを行っているのだが、その内容は以下のとおり。

【放送内容再現】

(ナレーション「亡くなった小学2年生の川染凱仁くん、7歳。いつも元気で明るい男の子だったといいます」)

凱仁くんの友達「鬼ごっこで遊んで、それで仲良くなった。明るくて元気で、すごく楽しそうにしてた様子でした」

(ナレーション「凱仁くんが亡くなったことは、昨日の夕方に知ったといいます」)

記者「凱仁くんじゃないといいなって、思ってたんだよね?」

凱仁くんの友達「はい」

記者「どうだった? 最初それ聞いたときは?」

凱仁くんの友達「ショックで悲しかった。天国で元気で過ごしてほしいです」

(ナレーション「凱仁くんと同じクラスだった女の子。思い出を話してくれました」)

記者「誰とお友達だったんですか?」

女児「凱仁さんです」

記者「凱仁くんと、どんなことして遊びました?」

女児「折り紙」

(ナレーション「小学3年生の谷井勇斗くん8歳は、体育が得意で、誰とでも仲良くできる男の子だったといいます」)

同じクラスだった女児「勇斗くんも人気なの。いろいろと友達とか、楽しく遊んでた。なんか悲しいって」

――再現ここまで――

 インタビューを受けた3人の児童の表情や声からは、動揺を隠しきれない様子が伝わってくるだけに、『every』内での記者の質問内容や、児童たちにインタビューを敢行したことに対して、ネット上で次のように疑問の声があがっている。

<悲しい事件や事故で 年端も行かない子供にインタビューする感覚がわからん>(原文ママ、以下同)

<傷口えぐって…>

<その歳の子によくそんな質問出来るよ>

<マスコミの連中はこれのどこが悪いのか分かってるんでしょうかね>

<仕事とは言え言葉選べよ>

 取材現場でテレビ局スタッフと一緒になることも多いという新聞記者はいう。

「あくまで一般的な話ですが、こうした事故の後には事故現場に被害者の同級生が保護者と一緒にお花を添えに来たり、保護者が付き添うかたちで集団登校・下校などが行われるケースも多いため、各局のスタッフはそうした場所に張り込み、保護者のほうに“少しお子さんにお話を聞かせていただいてもよいでしょうか”という感じで取材の申込みをする。さすがに今では、どこの局でも、保護者の承諾なしで小学生にインタビューして、そのまま放送することはないと思うので、『every』も保護者の承諾は得たうえで児童に話を聞いて、放送に乗せていたとは思います。

 メディアの業界的なルールとしては、“保護者の承諾を得ていればOK”とされている部分があるのは事実です。ただ、今回は、記者による児童への質問の内容もさることながら、“友人の事故死を受けて大きなショックを隠し切れない児童にカメラとマイクを向けて、無遠慮に今の心境や被害者との思い出を聞き出そうとするという行為そのもの”に批判が寄せられているわけです。確かに、その部分に関しては、メディア側の感覚が欠けている、世間一般の常識的にはアウトだとといわれれば、反論は難しいとも感じます」

 メディア側も意識の改革が求められているといえるのかもしれない。

(文=編集部)

情報提供はこちら
RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合