NEW

「日傘は1年でUVカット効果が落ちる」は本当?男性の日傘選びの意外なポイントとは

文=鶉野珠子/清談社
【この記事のキーワード】

, , ,

「日傘は1年でUVカット効果が落ちる」は本当?男性の日傘選びの意外なポイントとはの画像1
「gettyimages」より

 これまで「日傘」というと女性が使うアイテムのイメージが強かったが、ここ数年は男性の利用者も見かけるようになってきた。酷暑の影響もあり、直射日光から身を守れる日傘は男女問わず必需品といえる。

 しかし、男性が日傘を購入しようと思っても、どれを選べばいいか迷ってしまう人も少なくないだろう。そこで、傘の専門家に選ぶポイントを聞いた。

日傘で体の表面温度は8~10度も下がる

「日傘を躊躇なく使っている男性は20~30代がほとんどではないでしょうか。あくまで私が感じた印象ですが、若い世代は日焼け対策など美容のために、年齢が上の世代はシンプルに暑さ対策のために使用している人が多いイメージがあります」

 そう語るのは、愛知県名古屋市の傘のOEM専門メーカー・アンベルの代表取締役を務める辻野義宏氏だ。辻野氏は、日本日傘男子協会の理事にも就いている。

「2010年頃に『日傘男子』という言葉が使われ始め、男性のユーザーが徐々に増えてきました。そして、12~13年頃から傘メーカー各社がメンズ向けの日傘を出し始めたのです」(辻野氏)

 とはいえ、男性のなかには「日傘は女性が使うもの」という認識を持っている人も少なくないだろう。男性が日傘をさすメリットは、なんなのだろうか。

「日傘の大きな利点は2つ、日射と熱射をしのげるという点です。直射日光を浴びると体温が上がって体が疲れてしまうので、日焼け対策だけでなく疲労軽減、さらには皮膚がん予防としてもおすすめです。日光対策には帽子をかぶるのも手ですが、髪型が崩れてしまったりスーツには合わなかったりと、ビジネスシーンで使うには難しいですよね。また、男性は短髪が多いため首の後ろが無防備になりやすく、日差しをダイレクトに受けてしまいます。首元は帽子でもなかなか守れませんから」(同)

 日傘であればヘアスタイルに影響せず、着る服も選ばない。誰もが手軽に日差しと暑さから身を守れるアイテムというわけだ。

「日傘をさすことで、傘内の日陰の表面温度は直射日光に比べて8~10度ほど下がるといわれています。体感温度は個人差がありますが、サーモグラフィカメラを使った検証では、日傘がある場合とない場合では人体の表面温度も8~10度くらい変わってくるようです。炎天下を何の対策もせずに歩くより涼しく感じるのは確実です」(同)

日傘選びのポイントは?

 いざ日傘を購入しようと思っても、各商品に「UVカット率」「紫外線遮蔽率」「遮光率」「遮熱率」といった言葉が並び、混乱してしまう人も多いだろう。これらの違いや効果はなんなのだろうか。

「『UVカット率』と『紫外線遮蔽率』は言い方を変えただけで、いずれも、どれくらい紫外線を遮れるか、日焼けしにくいか、という数値です。『遮光率』は、どれくらい日光を通さないかの指標。『UVカット』は日光のなかでも紫外線だけを防ぐという意味ですが、『遮光』の場合は紫外線や可視光線も含むすべての種類の日光の99.99%を遮ります」(同)

 これらの数値には、表記に厳格なルールがあるという。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合