NEW

沖田臥竜×藤井道人『ヤクザと家族』から『ムショぼけ』へ…「ヤクザのその後」が娯楽ドラマになったワケ

構成=編集部
【この記事のキーワード】, ,
沖田臥竜×藤井道人『ヤクザと家族』から『ムショぼけ』へ…「ヤクザのその後」が娯楽ドラマになったワケの画像2
沖田臥竜氏(左)と藤井道人氏(右)

 

 主人公は、14年もの刑務所暮らしから帰ってきたばかりの元ヤクザ。世の中の環境の変化やスピードの速さについていけないこの男が、周囲の人々や社会との摩擦に苦悩しつつも、持ち前の行動力や憎めない人間性で乗り越えていく……。
 そんな設定の連続ドラマ『ムショぼけ』(北村有起哉主演)がまもなくスタートする。この作品の原作小説『ムショぼけ』(小学館文庫)を手掛けたのは、当サイトの執筆陣の一人でもある沖田臥竜氏。
 そして、ドラマ『ムショぼけ』を企画プロデュースしたのが、昨年の日本アカデミー賞最優秀作品賞に輝いた映画『新聞記者』の監督でもある藤井道人氏だ。
 そんな2人がドラマ放送に先駆け、その舞台裏を語り合った。2人がタッグを組むのは、今回が始めてではないというが――。

リアルかつエンターテインメントなヤクザドラマ

――そもそも2人の出会いは?

沖田 2年前ですね。

藤井 今年1月に公開した映画『ヤクザと家族 The Family』の制作時に沖田さんを取材したのがきっかけです。もう小説家としてデビューされていて、同映画の脚本に対しても的確なアドバイスをくださったので、その後、同作の監修として制作に携わってもらったんです。

沖田 藤井さんは、最初は物静かにモノづくりされる方かと思ったら、現場ではものすごく情熱的でした。

――フィーリングが合った理由は?

沖田 そんな姿勢ですね。モノづくりって、まじめさと妥協のせめぎ合い。どこまで作り込んでも一生納得できない部分があるもの。だからこそ、自分の理想を追求することには、きまじめさと柔軟さがないとできない。藤井さんはそこがあった。

藤井 僕にとっての沖田さんは、今までの人生では交わりようがない方だった。しかも、沖田さんが書かれた小説『忘れな草』『死に体』を勧めされて読んだら、すごくおもしろかった。いち作家、いちクリエーターの沖田さんと、モノづくりの同志として付き合っていきたいと思わされたんです。

――『ヤクザと家族』に描かれた世界の“本物”を知る沖田さんの監修ぶりはどうでしたか?

藤井 一般的な監修人は「リアルはこうです」と言うだけ。でも、沖田さんは、具体的に複数の案を提案してくださった。リアリティーをわかった上で、クリエイティブな部分も教えてくださる。ほかの人とは全然違いました。

沖田 映画やドラマはドキュメンタリーじゃない。あくまでも視聴者にとっておもしろいかどうかですよね。僕が監修するのに、リアルからかけ離れたものにするわけにはいかないけど、かといってエンターテインメントが成り立たないものでは意味がない。

藤井 沖田さんには、僕に描きたいことを事細かに伝えてました。

沖田 監督さんに先にオーダーを聞けば、それに応える形でのリアルを提案する。とことん作品に向き合ったら、そういう監修ができるとちゃいますかね。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合