NEW

データ共有プラットフォーム「delika」、ディスカッション機能を追加しデータによる価値創出を促進

【この記事のキーワード】

, ,

 企業のデータ活用を総合的に支援する、株式会社コネクトデータ(本社:東京都千代田区 代表取締役:安部晃生 以下コネクトデータ)は、データ共有プラットフォーム「delika」に、各データセットに対する議論ができるディスカッション機能を9 月13 日(月)より追加いたします。

データ共有プラットフォーム「delika」、ディスカッション機能を追加しデータによる価値創出を促進の画像1
ディスカッション機能利用イメージ

「delika」は、オープンデータやビジネスデータを組み合わせることで、価値創出を実現するデータ共有プラットフォームです。あらゆる業種業界の企業においてDX(デジタルトランスフォーメーション)が喫緊の課題となる中、DX実現に向けた重要な要素である、データ活用を支援しています。

 この度コネクトデータは、データによる価値創出をさらに促進するため、「delika」で公開されたデータに関して議論ができるディスカッション機能を追加いたします。データセット※ごとにデータ提供者とデータ利用者が双方向に交流できるディスカッションスペースを開設し、これにより、データセットに関する質疑応答やリクエスト、データからど
のような価値を導き出せるか等の議論が可能になります。

 コネクトデータは今後も、「テクノロジーによりデータが適切に活用される世界」というビジョンのもと、あらゆる組織や個人のデータ活用を支援し、「データの民主化」をめざしてまいります。

※データセットとは、何らかの目的や対象について収集され、一定の形式に整えられたデータの集合のこと。

【「delika」について】

「delika」はデータの社会的インフラをめざし、「コスト」や「IT 人材不足」などが懸念点となっている中小企業のお客さまや個人のお客さまも導入しやすい、「データの民主化」を実現するプラットフォームです。複数のユーザーでデータセットを安全に共有することができ、シンプルなSQL により、企業内外のデータを組み合わせながら、分析までをワンストップで実現します。

U R L:https://delika.connecto-data.com/

【コネクトデータについて】

株式会社コネクトデータは、企業におけるデータ活用を支援します。データ活用に関する戦略策定、データ分析、人工知能(AI)等データ活用に関するシステムの開発・運用、社内におけるデータ活用人材の育成、各種セミナーについてご相談ください。

【コネクトデータ会社概要】

・名称:株式会社コネクトデータ(Connecto Data Inc.)

・設立:2018 年5 月25 日

・代表:代表取締役 安部晃生

・所在地:東京都千代田区神田佐久間町一丁目8 番4 号 アルテール秋葉原708

・事業内容:データ活用に関するコンサルティング、受託分析、開発、教育・人材育成、執筆、講演

・企業ビジョン:テクノロジーによりデータが適切に活用される世界

・U R L:https://connecto-data.com

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合