NEW

きまぐれクック、違法な上海蟹騒動の結末は?「知らなかった」では済まされない

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
きまぐれクック、違法な上海蟹騒動の結末は?「知らなかった」では済まされないの画像1
「きまぐれクックKimagure Cook」より

 料理系YouTuberとして高い人気を誇る「きまぐれクック」のかねこが、上海蟹を購入して調理する様子を撮影した動画が、大きな騒動を呼んだ。

 かねこは、10月31日に公開した『中国からまだ生きてる「アノ食材」が届いた。ヤバすぎる。』との動画内で、生きている上海蟹を「ヤフオク!」で購入し、それを調理した。

 動画が公開された直後から、上海蟹を生きたまま輸入することは厳しく法律で禁止されているはずで、かねこの行為は違法なのではないかとの指摘が相次いだ。だが、かねこはツイッター上で「ちなみに上海蟹は個人輸入はできないから、仲介業者からいくらでも買えますよ笑 インターネットで普通に売っております なんか『違法輸入だ!犯罪だ!』って騒いでる人いたので こわっ」と、違法性を指摘した人たちを煽るようなツイートをした(現在は削除済)。

 環境省の公式サイトによると、上海蟹は生態系に重大な影響を与える懸念があるとして「特定外来生物」に指定されており、生きたまま日本へ持ち込むことは厳しく禁止されている。飼育等をする許可を得ている者に限って、輸入することができる。ちなみに、違反したら、個人の場合は3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金、法人の場合は1億円以下の罰金が科せられる。

 当初、視聴者からの指摘を無視していたかねこだが、“YouTube界の文春”と目されている「コレコレチャンネル」が違法行為の疑惑があると取り上げると、ネット上で炎上状態になった。するとかねこは慌てて、サブチャンネルで動画を出し、「ヤフオク!のおすすめ欄に『活き上海蟹』が出てきたので、深く考えずにポチっと押してしまいました」と釈明した。

 その後は沈黙していたが、11月13日に動画を更新し、違法行為を犯してしてしまったことを謝罪。警察や環境省にも自ら連絡して、経緯を報告しつつ相談していると明かした。

 かねこは、「誰もが知っている大きなサイトで普通に販売されていたため、買って大丈夫なはずと思い込んでいた」と自己分析し、自ら個人輸入したのではなく、また繁殖や販売などの意図がなかったことを強調。

 ちなみに現在、ヤフオク!をはじめ複数のショッピングサイトで「活き上海蟹」を検索しても、該当の商品は出てこず、上海蟹と近縁の在来種である「モクズガニ」がヒットする。かねこが、本人の釈明通りヤフオクで購入したのであれば、売却した業者にも問題があると指摘する声もあるが、このような「特定外来生物」を知らずに購入してしまった場合でも、法的な処罰を受ける可能性があるのだろうか。

 山岸純法律事務所代表の山岸純弁護士は、次のように解説する。

「外来生物法は、海外の生物が日本の生態系や農作物へ悪影響を与えないように輸入を制限しています。上海ガニも特定外来生物に指定されているので、輸入は原則禁止です。許可なく輸入すると、3年以下の懲役刑や300万円以下の罰金などが科せられます。また、許可なく販売(譲渡)したり、購入(譲受)することも禁止されており、違反すると1年以下の懲役刑や100万円以下の罰金などが科せられます。『違法となるのを知らなかった』では許されません」

 おそらく、販売した業者は販売の許可を受けているのであろうが、購入する側も許可を受けていなければならないというわけだ。なんでもインターネットで簡単に買える時代になり、便利さの半面、危険も伴うことを肝に銘じなければならない。

(文=編集部)

きまぐれクック、違法な上海蟹騒動の結末は?「知らなかった」では済まされないの画像2山岸純/山岸純法律事務所・弁護士

時事ネタや芸能ニュースを、法律という観点からわかりやすく解説することを目指し、日々研鑽を重ね、各種メディアで活躍している。芸能などのニュースに関して、テレビやラジオなど各種メディアに多数出演。また、企業向け労務問題、民泊ビジネス、PTA関連問題など、注目度の高いセミナーにて講師を務める。労務関連の書籍では、寄せられる質問に対する回答・解説を定期的に行っている。現在、神谷町にオフィスを構え、企業法務、交通事故問題、離婚、相続、刑事弁護など幅広い分野を扱い、特に訴訟等の紛争業務にて培った経験をさまざまな方面で活かしている。

情報提供はこちら
RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合