NEW

低価格のカシミアより3千円のユニクロのセーターを買うべき?圧巻の品質&コスパ

取材・文=福永全体/A4studio
【この記事のキーワード】, ,
セーター
「Getty Images」より

 この時期、冬物の服を買い足している人も多いだろうが、Twitterではとあるユーザーが「秋冬服を買うとき用メモ」と題して投稿したツイートが大きな反響を呼んでいた。

レーヨン70%ナイロン30%は毛玉になりにくい」

「レーヨンとポリエステルの混合は毛玉になる」

「化学繊維(アクリル、ポリエステル等)も毛玉になる」

「動物繊維(ウール、アンゴラ等)も毛玉になるが取りやすい」

といった冬服に使われることの多い素材の特徴をまとめたもの。11月9日現在までに2.9万回リツイートされており、多くの人々に情報がシェアされたようだ。このように素材の特徴を知ったうえで買い物をすれば失敗は減るだろうし、長く付き合える服に出会える確率も高まるはず。

 そこで今回はファッションジャーナリストの南充浩氏に、長く着られる冬服、特にニットの選び方について話を聞いた。

毛玉ができにくく、長く着られるのはどんな素材?

 冬服にまつわる悩みのひとつに、毛玉ができてしまうことが挙げられるだろう。長く着るなら、より毛玉ができにくいものを選びたいもの。そもそも、毛玉ができるメカニズムはどのようなものなのだろうか。

「衣服の生地を構成しているのは1本1本の糸で、その糸はさらに細かい繊維が集まってできています。その糸を構成している繊維が摩擦によって毛羽立ってくる(元から毛羽立っている糸は特に)と、そこにホコリや周囲の繊維が絡み、毛玉ができるんです。ですから基本的には糸の性質で毛玉のできやすさは決まってきます」(南氏)

 では、話題になったツイートの内容の真偽はいかがだろうか。

「ツイートの内容は、大まかには間違っていないです。しかし、同じ素材でも品質や編み方、織り方によって毛玉になりやすさは変わってくるので、“一概にはいえない”というのが正直なところですね」(南氏)

 それでは、ひとくくりにして語るのは難しいという前提のうえで、具体的な素材について伺っていこう。

「“レーヨン70%ナイロン30%は毛玉になりにくい”とありましたが、それは正しいでしょうね。レーヨンがそもそも毛玉になりにくい繊維なので、そのおかげだと思います。過去に自分が持っていた製品を見ても、レーヨンが多く入ったセーターは毛玉になりにくかったです。しかし、ナイロンは毛玉になることもあるので、この比率が変化するとまた話が変わってくるでしょう。

“レーヨンとポリエステルの混合だと毛玉になりやすい”ともありましたが、これも合っていると思います。レーヨンは毛玉になりにくいですが、割合によってはポリエステルの毛玉ができやすい性質が勝ってしまう可能性がありますからね」(南氏)

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合