NEW

岸田政権、北京五輪リスク浮上…高市早苗が外相を公然と批判、党内の対立激化

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
岸田首相
「首相官邸 HP」より

 自民党内で中国への対応をめぐる路線対立が激化している。直接のきっかけは林芳正外相の発言。11月21日に出演したフジテレビの番組で、18日に行われた日中外相電話会談で王毅外相から訪中の招待があったことを明らかにしたのだ。さらに、同日のBS朝日の番組では、訪中について「招請を受けたので、調整していこうということになっている」と踏み込んだ。

 これにさっそく、自民党内から反発が噴出。24日、党の外交部会で佐藤正久部会長が「間違ったメッセージを海外に出すことになる」とくぎを刺し、「来年は日中国交正常化50周年だが、非常に敏感な時期だ。考慮してもらいたい」と慎重な対応を求めた。

 ところが、自民党の福田達夫総務会長は、こうした党内からの反発に反論。26日の記者会見で、「厳しい関係になっている相手であればあるほど、対話のルートは必要だ。外相の職務を果たすのは当たり前のことだ」と、林氏の訪中に理解を示したのだった。

 元幹事長の二階俊博氏が親中派だったこともあり、安倍晋三政権時代から自民党内は中国への対応で、強硬派と対話派に割れてはいたが、岸田文雄政権になり、岸田氏が側近の林氏を外相に起用して、それがさらに顕在化してきた。透けて見えるのは、安倍氏の存在。自民党内の対中政策に、「安倍か、非安倍か」という構図が絡み合っている。

 林氏は外相就任にともない辞任したものの、日中友好議員連盟の会長だった。外相起用にあたっては、議連会長を理由に「対中関係で国際社会に間違ったメッセージを与えかねない」と安倍元首相が難色を示したとされる。

 安倍氏が林外相を阻止したかったのは、本音では地元山口県で、林家が親の代から続く政敵関係にあるからだろうが、対中政策の違いは安倍氏にとって林氏攻撃のひとつの材料になりつつある。

 福田氏は福田康夫元首相の息子。康夫氏と安倍氏は同じ派閥(清和政策研究会=現安倍派)だったが、政策も政治手法も異なり、両者には距離があった。康夫氏は、日中の民間団体が開催した先月25日の講演会でも、来年の日中国交正常化50周年について、「今のような緊張と対立のコースを歩み続ければ、50年築き上げてきた平和友好関係は大きく傷つけられる」と懸念を表明している。息子の福田達夫氏ももちろん安倍派に所属してはいるが、父親同様に安倍氏とは距離がある。

 一方、佐藤氏が会長を務める外交部会は党の政務調査会に連なる組織。つまり、いまや安倍氏と一体化している高市早苗政調会長の傘下にあるのだ。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合