NEW
「相馬勝の国際情勢インテリジェンス」

北朝鮮“異常に厳しい”大学入試システム…ブローカー経由で試験問題の売買が横行

取材・文=相馬勝/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
金日成総合大学
金日成総合大学(「Wikipedia」より)

 北朝鮮では超エリート学生が集まる名門である金日成総合大学ですら、期末試験や進級試験、卒業試験などでカンニングが横行していることから、大学側は新たな試験出題システムとして、今後は学生一人ひとりに異なる問題を出し、自分の問題を解くことに集中させることで、カンニングなどの学生の不正行為を防止する方法を採用することが明らかになった。

 北朝鮮の対外宣伝メディア「朝鮮の今日」が報じたもので、北朝鮮では大学内の試験に限らず、大学入試や公務員試験などもほとんどが一発勝負だけに、1回の試験で自分の人生が決まってしまうこともあり、カンニングのほか、試験官の買収による試験問題の漏洩などが社会問題となっているという。

 北朝鮮の超名門の最高学府、金日成総合大学には21学部があり、1万人を超える学生と約5000人の教職員が在籍しており、平壌市内の巨大キャンパスは一つの街を形成している。卒業生は党や政府の幹部として活躍するなど、北朝鮮の政治・経済の中枢を担っている。

 そのような優秀な大学生でも、試験の成績などを総合した席次によって、就職する省庁や企業などが違うため、学生の卒業後の人生にも影響することもある。このため、学生は試験にしのぎを削っており、試験の際にはカンニングが横行している。ときには、教授に金品を渡して試験問題を入手するなどの買収行為も行われているという。とくに、女性の場合は色仕掛けで教授を誘惑して試験問題を入手することも過去にはあったという。それらの不正行為を防ぐため、学生一人ひとりへの試験問題の出題という防止策が生み出されたというわけだ。

受験可能なのは1つの大学のみ

 とはいえ、大学入試の場合は一人ひとりにそれぞれ異なる問題を出すわけにもいかず、共通の問題による試験となる。

 まず第1関門が年末ごろ行われる北朝鮮統一の予備試験だ。科目は金日成同志の革命歴史、金正日同志の革命歴史、国語、数学、英語、化学、物理の6つで、2日間にわたって行われる。合格者は全体の7~8割で、総合点から受験する大学が分けられており、出願できる大学が当局から通知される。

 大学入試はほぼ定員の5~10倍の学生が受験するため、狭き門で、受験生の両親は子供が大学に入学できるかどうかが、自分たちの老後にも影響してくるため、大学入試問題を事前に入手しようと必死になる。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合