NEW

小室圭さん・眞子さん、米国で海外メディアの餌食か…私生活の隠し撮り報道が続出

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
小室眞子さん
宮内庁のHPより

 イギリスの大衆紙「デイリーメール」の11月22日付ウェブ版記事“Japan’s Princess Mako shops for towels at Bed, Bath & Beyond and then gets LOST on way home to Hell’s Kitchen on week after arriving in NYC to start new life with her ‘commoner’ husband”は、秋篠宮家の長女で10月に小室圭さんと結婚して皇室を離脱した眞子さんが、生活拠点であるアメリカのニューヨークで買い物する様子を写真と動画付きで伝えている。深緑色のコートにジーンズというカジュアルないで立ちの眞子さんが、大量の生活雑貨を買い込み、両手に大きな紙袋を抱えて道に迷う様子のほか、小室さんと身を寄せ合いながら歩く様子なども掲載されている。

 2人は今月13日にも、アメリカの人気情報誌「ピープル」のウェブ版記事“Japan’s Former Princess Mako Steps Out with Husband After Giving up Her Titles and Moving to N.Y.C.”で、揃って街中を散歩する姿が捉えられていた。

「ピープルはアメリカではいわゆるゴシップ誌的な存在で、芸能人に限らず有名人の近況を扱う週刊誌だが、日本のゴシップ誌のような下世話なイメージやマイナー感はなく、社会的にもメジャーな存在。ただ、アメリカには王室や皇室に該当する制度がないため、それほど皇室ネタへの関心は高くはないので、眞子さんや小室さんが目撃されても現地の人たちから騒がれるということはないだろう。現地滞在の日本人も、いちいち騒ぎ立てるような格好の悪いことはしない。

 一方、イギリスでは王室ネタが全国民の関心事になっているように、皇室関連のニュースへの関心は高く、小室さん夫妻もしばらくはイギリスのメディアから追われるかもしれない」(米国滞在経験のある30代男性)

 実際にデイリーメールのウェブ版では、眞子さまと小室さんに関するものも含めて日本の皇室関連のニュースが、11~12月の2カ月だけで20本以上も掲載されており、なかには天皇陛下の長女、愛子さまが20歳になられたことや、秋篠宮さまがお誕生日会見で眞子さんのご結婚について言及されたことなどを取り上げたものもあり、イギリスにおける皇室ネタへの関心の高さがうかがえる。

「眞子さんの結婚にまつわる騒動は4年にわたり日本中を騒がせたわけだが、一貫して報道をリードしたのは週刊誌メディアだった。小室さんの母、佳代さんの借金トラブルも、発端は『週刊女性』(主婦と生活社)のスクープだった。

 宮内庁は、眞子さんと小室さんが海外に移住すればメディアの攻勢から逃れられると考えていた節もあるが、欧米は過激な取材をいとわないパパラッチの本場。実際に眞子さんへの隠し撮り的な記事も増えており、一般人となりノーガード状態となった2人がパパラッチの格好の餌食になる恐れもある。

 日本であれば、たとえ週刊誌などの非記者クラブ加盟メディアであったとしても、行き過ぎた取材があれば自粛の申し入れをするなど、宮内庁としても交渉のやりようがあるわけだが、相手が海外メディアやパパラッチともなれば、そうもいかない。海外に行くことで、かえって過激な取材にさらされるリスクが高まったともいえる」(週刊誌記者)

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合