NEW

RIZIN、シバター八百長を事前了承か…非公式試合の旨を隠蔽、久保に口止めか

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,

シバターの公式Youtubeチャンネルより

 昨年の大みそかに行われた総合格闘技イベント「Yogibo presents RIZIN.33」での注目マッチ、Youtuber・シバターと元K-1王者の久保優太の対戦をめぐる八百長問題で、RIZIN運営元が関与していた疑惑、さらには日本MMA審判機構(JMOC)が関与する公式戦ではなかった疑いが浮上し、波紋を呼んでいる。

 久保は、12月にシバターから試合本番の流れについて“台本”を持ち掛けられた際の電話でのやりとりを録音した音声を持っていると明かしていたが、久保が提供したと思われるその音声を、5日、人気YoutuberのコレコレがYoutube上で公開。そこでは、以下のようなやりとりがなされている。

 シバター「2ラウンドの、たとえば1分とか2分のところで合図を決めて、要はハイキックだったら、ハイキックで倒すとかを決めて。台本的なやつをつくって、お互いに致命傷を与えずという約束のもと試合をつくるというのは可能か不可能か、という打診なんですが」

久保「俗にいう八百長っていうやつですか?」

シバター「そうですね。プロレスってものですね」

シバター「これは(RIZIN広報部長の)笹原(圭一)さんにも、実は話をしていて。『つくっていいですか?』と。(略)『久保さんに、そういった話を打診するのは可能です』というのが、RIZINさん、笹原さんの回答でした」

久保「周りは“あのシバターさんとやるんだ”と盛り上がってくれていて、シバターさんのおかげで一挙一動がヤフーニュースでも取り上げてもらって。これがなくなると寂しいと思っています」 

シバター「一番いいのは、ケガなく久保さんの株が上がって。RIZINさんなり、いろいろ動いていると思うんで、すべてが無事に終わるのが、私も一番望むかたちであるんです」

 このほかにもシバターは、昨年7月にシバターがお笑いタレント「みなみかわ」と対戦したアマチュア総合格闘技イベント「BREAKING DOWN」でのマッチについても次のように言及。ちなみに同イベントは格闘家の朝倉未来がスペシャルアドバイザーとして関与している。

シバター「実は結構あって、ブレイクダウンとか実はつくっているんです。逆パターンで、芸人さんをケガさせられないんで、『みなみかわ』さんとか、ケガをお互い絶対しないかたちのものをつくっていたんですよね」

 さらに、今回のRIZIN大会の運営に関与したJMOCが4日に行った試合結果に関する発表により、シバターと久保のマッチ、那須川天心と五味隆典戦のマッチが公式戦ではなかったことが判明し、物議を醸している。

RIZINファンへの信義違反

「たとえば2018年に行われたボクシングのフロイド・メイウェザー(5階級制覇)と那須川天心の試合はエキシビションマッチであることが事前に発表されていたが、そうした発表がない限り、基本的にRIZINはガチンコの真剣勝負をウリにしている。今回のシバターと久保の試合もエキシビションマッチだとは発表されておらず、多くの観客は公式な真剣勝負だと信じてチケットを購入して会場に足を運んだ。さらには地上波のテレビでも放送され、スポンサー企業もついていた。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合