NEW

『鎌倉殿の13人』大泉洋演じる源頼朝は「清和源氏」…源氏の血なまぐさすぎる300年史

文=菊地浩之(経営史学者・系図研究家)
【この記事のキーワード】, ,
【確認中】『鎌倉殿の13人』大泉洋演じる源頼朝は「清和源氏」…源氏の血なまぐさすぎる300年史の画像1
NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第1話で、しっかり笑いを取って視聴者をわしづみにした大泉洋演じる“鎌倉殿”こと源頼朝。ところで「源氏」ってなんでしたっけ? (画像は同番組公式サイトより)

桓武平氏くらいしかない平氏に比べ、さまざまな“流派”が存在する源氏一族

 2022年のNHK大河ドラマは、三谷幸喜脚本による『鎌倉殿の13人』。鎌倉殿こと源頼朝(演:大泉洋)を巡る13人を描くドラマだ。そこでここでは、「源氏ってなんだっけ?」の復習をしてみたい。

 実はひと口に源氏といっても、いろいろな種類がある。源頼朝の流れを清和(せいわ)源氏というのだが、これは清和天皇(第56代、在位は858【天安2】年から876【貞観18】年)の子孫の源氏という意味だ。

 天皇の子孫は通常皇族として遇せられるが、それは五世(曾孫の孫)までで、六世になると皇籍を離脱し、姓を与えられて臣下の列に加えられた(臣籍降下)。

 むろん、それ以前に臣籍降下した事例も少なくなかった。たとえば、桓武天皇(第50代、在位は781【天応元】年から806【延暦25】年)の孫・高棟王(たかむねおう)は平姓を賜って、子孫は平氏と称した。「平」という姓は、桓武天皇が造った平安京の一字からとったといわれている。

 桓武天皇の子・嵯峨天皇(第52代、在位は809【大同4】年から823【弘仁14】年)は子だくさんで、すべてを皇族にしていたら国費がかさんでしまい、六世の孫まで待つような悠長なことはいっていられなかった。そこで嵯峨天皇は子どもを1軍と2軍に分け、1軍は親王として皇族のまま維持し、2軍には「源」の姓を与えて臣下とした。

 嵯峨天皇は中国かぶれだった。ルーツが一緒だから「源」という姓を与えるという古代中国の故事にならって、源姓を与えたのだ。それ以降、臣籍降下では源姓を与えることが多くなった。ただし、仁明天皇(第54代、在位は833【天長10】年から850【嘉祥3】年)のように、子・孫が源氏を名乗り、曾孫が平氏を名乗っている事例もあるので、二世(孫)までが源姓、三世(曾孫)以降が平姓だという説もある。

RANKING

11:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合