NEW

アンセーニュダングル、ニシヤ…コロナで人気カフェの“決断”、移転の店も

文=高井尚之/経済ジャーナリスト・経営コンサルタント
コロナ禍で人気カフェはどう決断したか
東急自由が丘駅に近い「カフェ・アンセーニュダングル」自由が丘店(筆者撮影)

 新型コロナウイルスの変異株・オミクロン株の拡大で、気が抜けない日々が続く。日常のマスク着用や会話控えめが社会的マナーとなり、以前のように心置きなく外出や遠出が楽しめる状況に戻らない。2020年から始まったコロナ禍での生活が丸2年となった。

 すでに多くのメディアで報道されているように、旅行、ホテル、外食といった産業を中心に経営のかじ取りの厳しさが増している。

 今回はそうした業界のなかで、「個人経営の人気カフェ」の現在地を紹介したい。2020~21年と繰り返し発令された緊急事態宣言に翻弄されながら、営業や休業を行い、お客と向き合った。どんな信念で店を続けてきたのか。都内2店の事例を紹介しながら考えたい。

老舗カフェは「不変」の手法を貫く

「2021年の秋以降に緊急事態宣言が明けてから、昼間の客足は戻りました。ただ夜の戻りは鈍く、みなさん早めに帰宅されるようです。駅周辺でも閉店した飲食店が目立ちます」

「カフェ・アンセーニュダングル」のオーナー・林義国氏は、こう話す。同店は東京都内の原宿、広尾、自由が丘にある。原宿店の開業は1975年(今年で47年)、広尾店は1979年(同43年)、自由が丘店は1985年(同37年)。昭和・平成・令和と営業を続けてきた。

 創業したのも林氏で、現在は基本的に自由が丘店で勤務する。同店では妻の伴枝氏、息子の義裕氏も一緒に働く。3人以外にベテラン従業員もおり、高品質な接客を行う。1984年生まれの義裕氏は、クレジット会社で7年勤務した後、父の背中を追った。

 今回の取材も自由が丘店で実施。店の場所は、東急・自由が丘駅前の飲食店が立ち並ぶエリアを抜けた線路脇にある。変化の激しい同駅前にあって、ここには違う空気が流れる。

「長年続けてきた店のやり方は、コロナ禍でも変えていません。看板商品のコーヒーは、ネル(布)ドリップを用い、深煎りで淹れます。コーヒーの種類によっては、その場でコーヒー豆を挽くこともあります。常連客の多くはカウンター席を好まれますね」(同)

コロナ禍2年、人気カフェの決断…不変のおもてなし、あえて新天地に移転もの画像2
夜のカウンターでコーヒーを淹れる林義国氏

 店のカウンターは、今では珍しい一枚板だ。以前の取材では「自由が丘に来ると、最後はこの店に来るの。カウンターの分厚い板も好きなのよ」と言う常連女性客の話も聞いた。

 コーヒーは濃厚で、苦みとコクのバランスがある味。手づくりのチーズケーキも人気だ。実は持ち帰りもできるが、声高に「テイクアウトできます」を掲げない。これも流儀だ。

コロナ禍2年、人気カフェの決断…不変のおもてなし、あえて新天地に移転もの画像3
落ち着いた雰囲気の自由が丘店の店内

RANKING

17:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合