NEW

内村航平・離婚:母・周子さん、嫁の両親を嘘つき呼ばわり…自己正当化と責任転嫁

文=編集部、協力=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】, ,
内村航平・離婚:母・周子さん、嫁の両親を嘘つき呼ばわり…自己正当化と責任転嫁の画像1
内村航平のオフィシャルサイトより

 1月に現役引退を発表した体操選手・内村航平の妻・千穂さんが、内村と母・周子さんからのモラハラに悩まされ離婚に向けた話し合い中だと20日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で報じられている騒動。その周子さんは24日配信の「女性自身」(光文社)ウェブ版記事で、千穂さんの両親が「あることないこと」を「文春」に話していると語り、千穂さん側との確執が覆い隠せない様相となりつつある。

“体操界のレジェンド”こと内村の功績は、改めて説明するまでもない。19歳のとき、自身としては初の五輪となった北京五輪(2008年)で個人総合銀メダルを獲得。続くロンドン五輪(12年)、リオデジャネイロ五輪(16年)で個人総合金メダルを獲得し、世界選手権では09~15年にかけて個人総合6連覇を達成。

 だが、その後はケガに悩まされることに。リオ五輪後にコナミスポーツを退社し、国内初のプロ体操選手として挑んだ17年の世界選手権(モントリオール)で左足を負傷して途中棄権。以降、国際大会での優勝からは遠のき、昨年の東京五輪では種目別の鉄棒で落下し、決勝出場を逃したが、今年1月には突如、現役引退を発表し、世間を驚かせた。

 内村の母・周子さんも有名人だ。陽気かつパワフルなキャラで世間から親しまれ、体操に関する活動や講演に加え、たびたびバラエティ番組にも出演。自身が運営するスポーツクラブ内村や幼児・児童向け体操教室で指導する傍ら大学院にも通うなど“365日休まない”をモットーとしている。

 そして周子さんといえば、深い“航平愛”を隠さないキャラでも知られている。たとえば周子さんは自著『「自分を生んでくれた人」内村航平の母として 』(祥伝社)内で、内村から「あさってから国際大会で遠征があるから、携帯電話を海外でも使えるようにしたい」と言われ、内村の出発前に手続きを終わらせるためにはその日中に書類を速達で送る必要があったため、携帯ショップや郵便局に駆け込んで対応したというエピソードを紹介し、次のように綴っている。

<同じようなことがあっても大喜びで飛び回ります。子どもがいてくれるから愛することもできる。だから『愛しすぎ』なんてことは、ないのです>(同書より)

 また、ロンドン五輪直前の内村との会話として、同書にはこんな記述も。

<「じゃあ、いつものように旗を揚げて応援してもいいかな? もし航ちゃんが金メダル取ったらスタンドから飛び降りちゃうかも」そう興奮気味に話すと、「限度があるからね」とくぎを刺されちゃいました>

嫁姑間の確執説

「文春」によれば千穂さんは、そんな内村と周子さん親子からモラハラを受け、病院で摂食障害と診断され、心療内科に通うほど悩んでいたという。

「内村が出場する試合会場の観客席では、いつも周子さんと千穂さんは離れて座ったり、どちらかだけが応援に駆け付けるなど、顔を会わせないようにしているようにもみえた。そのため、“千穂さんが内村を周子さんに会わせないようにしている”“周子さんが千穂さんのことを気に入っていない”という確執説も流れていた。

RANKING

23:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合