NEW
松崎のり子「誰が貯めに金は成る」

東京都の「高齢者を感染から守る宿泊5000円引き事業」は名前を変えた都民割か?

文=松崎のり子/消費経済ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, , ,
千円札(「gettyimages」より)
「gettyimages」より

 2月21日から始まった、東京都の「高齢者を感染から守る宿泊施設への滞在支援事業」がなかなか興味深い。同居家族がいる都内在住の65歳以上の高齢者を家庭内感染から守るため、家族から離れて都内の宿泊施設に滞在する場合に1泊当たり5000円を割引するそうだ。

 なお、介助等の付き添いが必要な場合、都内在住の方であれば1名まで利用可能とある。つまり、65歳以上の高齢者と介助者の合計2人が割引金額で宿泊できるわけだ(ちなみに、都の利用者向けのQ&Aによれば「付添人は都内在住であれば高齢者の同居人である必要はありません。また、付添人を含めて、1グループ4名までの利用としてください」とのこと)。

 この事業の参加宿泊施設は292施設ある。宿泊料は、1人1泊あたり6000円以上2万円(税込)以下の宿泊プランから5000円引きとし、6泊7日連泊プランが対象となる。これなら、ちょいお高めのホテルにも泊まれるだろう。

 こういっては何だが、高齢者夫婦が1泊1万円引きでホテル滞在できることになる。「感染予防」の名目だが、同居家族が感染している必要もない。むろん、利用できる高齢者も都内在住の65歳以上以外の条件は付いていない。ホテル療養とは異なり、未感染の高齢者を対象としているのだから。

 なお、この事業は宿泊した高齢者が手続きするのではなく、1泊5000円を差し引いた連泊割引プランを宿泊施設側が提供する立てつけだ。利用する場合は、この支援事業の対象プランであることを確認して予約する。なお、期間は3月31日チェックアウトまでだ。

 ホテルにとっても悪い話ではない。宿泊施設あての要綱に「利用者は、宿泊中、食事や日用品の買い物以外では基本的に宿泊施設からの外出を控えていただくため、それを踏まえた宿泊プランを設定すること」とあるので、レストラン付きのホテルなら施設内で飲食してもらうように優待サービスをつけてもいい。エステやジムも積極的に利用してもらえるかもしれない。

 意地悪な言い方をすれば、お金に余裕のある65歳以上の夫婦が、東京都のお金で1人3万円引きで1週間ステイできる、優雅なプランにも読めてくる(ただし、高齢者夫婦2人暮らしでは利用できず、他に同居家族がいないと対象外)。

 実際にホテル側が出してきた専用プランの一例がこうだ。銀座グランドホテルとホテルインターゲート東京 京橋では、宿泊費は1泊3000円(割引後金額)で、さらに銀座グランドホテルでは館内レストランやランドリーサービスで利用できる3000円分(1人)の館内利用券がセットになる。6泊7日プラン限定だが、それでも税込1万8000円で済むとは破格値だ。各ホテルもどんどん参加してくると思われるが、すぐ売り切れてしまうのではないか。

『定年後でもちゃっかり増えるお金術』 まだ間に合う!! どうすればいいか、具体的に知りたい人へ。貧乏老後にならないために、人生後半からはストレスはためずにお金は貯める。定年前から始めたい定年後だから始められる賢い貯蓄術のヒント。 amazon_associate_logo.jpg

東京都の「高齢者を感染から守る宿泊5000円引き事業」は名前を変えた都民割か?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

17:30更新