NEW

10分550円…銀座の高額コインパーキングに駐車するのはどんな人なのか?1日調査

文=清談社
【この記事のキーワード】, ,
「三井のリパーク 銀座6丁目 第4」のコインパーキング
「三井のリパーク 銀座6丁目 第4」のコインパーキング

 ここのところ、「コインパーキング駐車したら高額請求された」というツイートが話題になることが増えた。お笑い芸人のドランクドラゴン・鈴木拓が銀座のコインパーキングで2万1450円請求されたというツイートや、同じくお笑い芸人のチョコレートプラネット・長田庄平が赤坂のコインパーキングに約4時間駐車して1万800円を請求され、思わず画面を8度見したというツイートなどがバズった。

 都内のコインパーキングの相場は10分100~300円ほど。1時間で600~1800円くらいで収まるところがほとんだ。しかし、都内の一等地では料金が跳ね上がり、10分500円ほど、1時間で3000円超えとなり、数時間も停めればかなりの高額になってしまう。

 前述の芸人たちは仕事上の都合でやむなく駐車したようだが、そもそもこんな高いコインパーキングに停める人は、よほどのセレブか、料金が書いてある看板をよく見ていないのではないか。

 そこで、実際に高額パーキングに張り込み、どんな人たちが利用しているのかを定点観測してみた。

謎の黒服、ヤンチャ系中年男性…

 今回、調査場所に選んだのは「三井のリパーク 銀座6丁目 第4」だ。駐車可能台数は4台。最大料金の設定はなく、オールタイム10分550円とトップクラスの高額パーキングである。

 ここから3分も歩けばコリドー街に、中央通り側に向かえばGINZA SIXや三越銀座といった有名ビルが集まる銀座の中心エリアに行けるため、利便性は申し分ない立地といえる。

 調査を開始したのは4月上旬の日曜日。午前10時半に着くと、休日ながらも、街は早めのランチへと向かう家族連れやカップルの歩行者が目立っていた。

 この時点ではまだ駐車している車はなかったが、10分ほど待つと黒のアルファードが乗り込んできた。乗っていたのはカジュアルな黒スーツに身を包んだ男性2人組で、どことなく水商売の黒服といった出で立ち。車を降りると別々の方向に散っていき、13時前には2人とも帰ってきてパーキングを後にしたので、駐車時間は約130分、推定料金は7150円となる。

 続いて、11時半過ぎにパーキングを利用したのは、足立ナンバーの白のハイエース・スーパーGL。降りてきたのは、キャップをかぶったヤンチャそうな40代とおぼしき男性2人組。銀座のランチでも食べてきたようで、滞在時間は小1時間ほど。料金は3300円前後と思われる。

 他にも、ランチやちょっとした用事のためか、1時間以内の利用で済ませる車は数台見られた。近くには10分500円とやや値段が下がるパーキングがあり、付近の交詢社通りやみゆき通りにも300円で利用できる制限時間60分のパーキングメーターが複数台設置されている。しかし、そちらの駐車スペースは終日ほぼ満車。空くタイミングまで時間を潰すよりは、短時間で用を済ませると割り切って、空いている高めのパーキングを選ぶ方が効率的という判断なのだろう。

10分550円…銀座の高額コインパーキングに駐車するのはどんな人なのか?1日調査の画像1
調査した「三井のリパーク 銀座6丁目 第4」のコインパーキングの目の前にある交詢社通りのパーキングメーター

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合