NEW

「乳母」から考える『鎌倉殿の13人』…源頼朝を育てた比企一族はなぜ滅びたか?

文=菊地浩之(経営史学者・系図研究家)
【この記事のキーワード】,
「乳母」から考える『鎌倉殿の13人』…源頼朝を育てた比企一族はなぜ滅びたか?の画像1
神奈川県鎌倉市扇ガ谷の源氏山公園内にある、源頼朝公像。頼朝は、自身の乳母のひとり、比企尼が出た比企一族を重用した。(写真はGetty Imagesより)

そもそも、日本史における「乳母」の役目とはなんなのか?

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で、存在感を増している比企能員(ひき・よしかず/演:佐藤二朗)。源頼朝(演:大泉洋)の乳母、比企尼(演:草笛光子)の養子として、頼朝政権の中枢に登用された。

 では、そもそも乳母とは何者か。

 乳母とは、実の母に代わって子どもに授乳する役目を担う女性である。

 ではなぜ、そんなことをするのか。

 高貴な女性は授乳や子育てに向かないとか、諸説あるのだが、昔の人びとは経験的に「授乳しないほうが妊娠のサイクルが短い」ということを知っていたのではないか(授乳している間は、「生まれた子への栄養補給もあるのに、いま妊娠してしまうとキツイぞ」と身体が判断し、女性は妊娠しにくくなるらしい)。

 たとえば摂関政治では、入内した娘が皇子を産むか否かで政治的な勝敗が決まるといっても過言ではない。もし妊娠のサイクルを短くする方法があれば、当時の理屈ではそっちに飛びつくだろう。そして、摂関家のような高貴な家系がそうした行為を始めれば、それがその下の階層に広まっていくのは歴史的によくあることだ。

 乳母は実の母と同等、時には実母以上に愛情を持って子に接していたといわれる。

 比企尼も、流人時代の頼朝をなにくれとなく面倒を見ていたらしい。その期間は実に20年! 頼朝にとっては、母親以上の存在だったに違いない。だからこそ、「鎌倉殿」として出世した暁に、何か恩返しをしたいと申し出たら、比企尼は甥の能員を取り立ててほしいと回答したという。そりゃあ、大抜擢せざるを得ないよねえ。

頼朝の乳母4人のなかでも、特に重用された比企尼の「比企一族」

 しかし、頼朝の乳母は比企尼1人ではなかった。『探訪 比企一族』によれば、頼朝の乳母は以下の4人だったという。

・比企尼(比企掃部允[かもんのじょう]の妻、比企能員の養母)
・寒川尼(八田宗綱の娘、小山政光の妻)
・山内尼(山内首藤俊通の妻、山内首藤経俊の母)
・摩々尼(山内尼と同一人物とする説あり)

 このうち、山内尼の子・山内首藤経俊(やまのうちすどう・つねとし/演:山口馬木也)は『鎌倉殿の13人』でも放送開始の頃に出演していた。石橋山の戦いでは大庭景親(演:國村隼)にくみして反頼朝側となり、頼朝の鎧を射抜いた矢に経俊の名が刻まれていたのは有名な逸話である。その後、経俊は捕らえられ、斬首にされるところを山内尼の懇願で一命を助けられた(この時、山内尼は経俊が他者に比べて過酷な仕打ちを受けることに不満を漏らしたが、経俊の名が刻まれていた矢を見せられ、二の句が継げなかったという)。

 それに比べると、比企尼の一族はみな頼朝に尽くし、それゆえ山内首藤一族と違って重用されたのであろう。

RANKING

5:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合