NEW

「KDDI選んでよかった」au障害、なぜか社長会見に絶賛続出の理由

文=Business Journal編集部、協力=山口健太/ITジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
「KDDI選んでよかった」au障害、なぜか社長会見に絶賛続出の理由の画像1
KDDI(au)のHPより

 2日未明にKDDIau)で発生した通信障害は、丸2日が経過した4日現在も完全復旧に至っておらず、音声通話が利用しづらい状況が続いている。

 原因は、通信ネットワークのメンテナンスで機器の交換を行った際に発生した不具合。通話やデータ通信を制限する必要が出たため、最大約3915万回線でつながりにくい状態となった。影響はauやKDDIの格安ブランド「UQモバイル」「povo」に加え、KDDIの回線を利用する楽天モバイル、銀行のATM(現金自動受払機)など広い範囲に波及。3日夜までには復旧作業が完了したものの、完全復旧には至っておらず、現在も一部回線で音声通話が利用しづらい状態が続いている。

 大手キャリアではソフトバンクが2018年に、NTTドコモが21年に大規模な障害を起こすなど、通信サービスを提供する以上は障害発生を完全になくすことは難しいが、障害発生からサービス復旧の間の利用者へのアナウンス、そして経営陣による会見などの対応が、世間からのキャリアに対する評価や信用度、批判の強弱を大きく左右するともいえる。

 たとえば昨年のドコモの障害では、発生翌日に田村穂積副社長、ネットワーク本部長、サービス運営部長が会見を行い、低姿勢で謝罪の言葉を繰り返したことから、これが“無難に切り抜けた”と評価された。一方、キャリアではないが、昨年にATMに通帳やキャッシュレスカードがのみ込まれるという前代未聞のトラブルを発生させた、みずほ銀行では、坂井辰史・みずほフィナンシャルグループ(FG)社長と藤原弘治・みずほ銀行頭取が会見を行ったが、「障害をいつ把握したのか」との質問に対し、坂井社長が「(障害発生から約4時間経過した)当日午後2時すぎに一報のメールを受けた」「認識したのは午後4時頃」と返答。藤原頭取に至っては「午後1時半に“ネットのニュース”で知った」と明かし、批判の火に油を注ぐ事態となった。

「幹部があらゆる質問を打ち返せている」

 そうしたなかで注目された今回の障害を受けてのKDDIの会見だが、障害発生翌日の3日、高橋誠取締役社長と吉村和幸取締役執行役員専務が会見に出席。約2時間におよぶ会見では終始、冷静かつ理路整然と質疑応答をこなし、さらには報道陣から質問が出なくなるまで会見を続けるなどして、SNS上では以下のように評価する声があがっている。

<KDDIに対する好感度がかなり上がった。幹部があらゆる質問を打ち返せているし(なにより驚いたのは社長がiOSとAndroidの仕様差分に言及した点)、慌てふためいたり助けを求めたりするシーンがまるでない>(原文ママ、以下同)

RANKING

5:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合