NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

知られざる驚愕の曲!モーツァルト『俺の尻をなめろ』、演奏に639年かかる曲

文=篠﨑靖男/指揮者、桐朋学園大学音楽学部非常勤講師
モーツァルトの意外な別の一面
モーツァルトの別の顔とは?(「Getty Images」より)

 20年程前にテレビCMやゲーム音楽で使われたことがきっかけとなり一躍有名になった楽曲『ジュ・トゥ・ヴー』。最近でも、テレビアニメ『スーパーカブ』(AT-X)にも使われたこの曲は、19世紀後半から20世紀前半にかけて活躍した、フランスの異色作曲家、エリック・サティのシャンソンで、日本語タイトルでは「おまえが欲しい」などと訳されています。

 サティは変わり者の作曲家として知られており、世界最高峰の音楽大学のひとつ、パリ音楽院に入学したものの、指導教官に「才能が無い」とレッテルを貼られて除籍の憂き目に遭います。そして退学後、シャンソン酒場のピアノ弾きからキャリアを始めた異例の経歴です。その後、次の世代の作曲家たちに大きな影響を与える作品を数多く書いていますが、彼が名付けた曲のタイトルは風変わりなものばかりです。

『犬のためのぶよぶよとした前奏曲』『胎児の干物』『梨の形をした3つの小品』『いつも片目を開けて眠るよく肥った猿の王様を目覚めさせる為のファンファーレ』など、当時のパリの聴衆を惑わせたのでないかと思います。それが100年後になって、独特で魅力あるサティの音楽が注目され、現在もなお頻繁に演奏されることになったのは、やはり彼の音楽が時代を先取りした証拠でしょう。

 そんなサティの作品に、『嫌がらせ』があります。原語では『ヴェクサシオン』です。曲自体は、1分くらいで演奏できるのですが、「840回」繰り返して演奏するようにと指定があるのです。しかも、「大いなる静寂の中で、真剣に身動きもしないこと」とまで書かれています。いくら素敵な曲であっても、何度も演奏すると飽きてくるものですが、あえてつまらなく作曲しているとしか思えない曲で、実際には長らく演奏されることがありませんでした。

 ところが、70年後の1963年にアメリカの作曲家ジョン・ケージが初演しました。その際、夕方6時に始めた演奏が終わったのは、なんと翌日の午後0時40分とされており、実に18時間40分もかかっています。もちろん、演奏したピアニスト、聴いていた聴衆ともに、サティの“嫌がらせ”にはほとほとまいったことだろうと思います。

 それほど長い曲をあえて演奏したジョン・ケージも、とても変わり者です。ケージ自身が作曲した『4分33秒』という作品があり、ピアニストとしてステージに登場しても何も弾かず、変に思い始めた観客がざわついている音も音楽とする楽曲を発表して物議を醸しました。

 また、彼の作品のなかには、世界最長のオルガン曲があります。それは『可能な限り遅く』という作品で、テンポは演奏家に任せられており、速く弾こうと思えば、あっという間に終わるのですが、次の音符を弾くのが10年後でも、100年後でもよいのです。現在も、ドイツの地方にある教会のオルガンを使って壮大な演奏が行われており、7年後や10年後に、次の音に移る際には多くの住民が教会に集まり一騒ぎとなります。ちなみに、予定されている演奏時間は、オルガンの寿命を鑑み、639年ということです。

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合