NEW
赤石晋一郎「ペンは書くほどに磨かれる」

4万円渡し18歳女子の服を脱がせ…吉川赳議員がパパ活疑惑を説明できない本当の理由

文=赤石晋一郎/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
4万円渡し18歳女子の服を脱がせ…吉川赳議員がパパ活疑惑を説明できない本当の理由の画像1
自由民主党「2021年 衆院選特設サイト」より

 参院選前の岸田政権を直撃したパパ活議員疑惑。渦中の人物となったのは自民党の吉川赳衆議院議員で、6月9日「NEWSポストセブン」と10日発売の「週刊ポスト」(小学館)で相次いで「18歳飲酒とパパ活」疑惑を報じられたのだ。報道は大騒動に発展し、吉川氏は党に迷惑をかけたとして10日夜に離党届を提出し、その後も雲隠れを続けていた。今週になり吉川氏は、7月18日の週にもブログでコメントを発表する方向だとされているが、いったどんなコメントを発表するのかが注目される。

 そこで本稿では、同疑惑の後追い取材をしつつ“パパ活議員”騒動「4つの謎」について掘り下げてみたいと思う。

なぜ議員辞職しないのか

 まず、「第1の謎」は、吉川氏はなぜ議員辞職しないのかということだろう。このことについては7月7日現在、吉川氏は「記者会見をする予定も、議員辞職するつもりもないと周囲に語っている」(政治部記者)とされている。参院選後にも何らかの動きがあるとも噂されているが、吉川氏が議員辞職に消極的だったということは間違いがなかったといえよう。

 吉川氏が辞職を躊躇うのには3つの理由があると思われる。吉川氏は静岡5区で細野豪志議員と熾烈な争いをしていたことで知られている。しかし吉川氏は小選挙区ではことごとく細野氏に敗北、比例復活で辛うじて議席を得ていた。

「かつて山本モナとの不倫報道もあった細野氏に連敗を続けていたわけですから、吉川氏の地元での評判は低かった。それでも岸田派ホープとして優遇され、なんとか比例復活を続けてきたわけです。結局、静岡5区は“イケメン不倫男”と“パパ活18歳飲酒オジサン”の闘いだったのか、と自民党内では嘆く声も出ているそうです」(前出・政治部記者)

 つまりここで辞任してしまえば、無所属となった吉川氏は国政復帰の目がなくなる可能性が高い。辞職を避けたい理由の1つが、選挙の弱さにあるであろうことは容易に想像できる。

 2つ目の理由は、文書文通費(現・調査研究広報滞在費)とボーナスの旨みである。議員にボーナスが支給される6月30日、メディアは一斉に吉川氏がボーナスを受給したことを報じた。例えば以下のように議員特権ともいえる状況が追及されたのだ。

<18歳女性に飲酒させたと報じられた吉川赳衆院議員=比例東海=に30日、夏のボーナスに当たる期末手当286万1358円が支給された。9日に問題が発覚した吉川氏は10日に自民党を離党したが、公に説明していない。10日には6月分の歳費103万5200円が支給された。10日と30日には同月分の調査研究広報滞在費(旧文書通信交通滞在費)も50万円ずつ計100万円支払われた。問題発覚後、国から支払われた総額は500万円近くに上る>(6月30日配信 東京新聞web記事より)

 この金を潤沢にもらえるメリットについては、「議員の給料って、話題の交通費(文通費)とか入れて160万くらい。オレ金持っていてもロクなことに使わないのよ。信用できる子と遊びたくてさ」なとど吉川氏が饒舌に語っていたと「週刊ポスト」でも報じられている。

 父親は元県議で、地元では福祉施設などを経営している資産家一族として知られる吉川氏だが、やはり議員の高収入メリットは捨てられないということなのだろう。

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合